借金の時効5年に 損するのは?

借金の時効が10年→5年で誰が損するか

7月17日(水)15時15分 プレジデント社

■民法改正で借金の時効が10年→5年に借金には時効がある。銀行や貸金業者といった株式会社から借りた場合などは5年で、個人間であれば10年。起算日になるのは、お金を借りた日ではなく、返済期日だ。もし返済期限を設けていない場合、貸した日を起算日として考えるのが一般的である。しかし民法改正によって、202…

記事全文を読む

「借金」をもっと詳しく

「借金」のこれまでの出来事

「借金」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 金なんて貸すものではない。帰ってこないリスクが高すぎる。

  • ▲金は貸してもいいが借りるものじゃない。貸したら還ってこないと思え。

  • 国の借金とかならいくらしても平気だ、お札を刷れるからそれで返せば終わり、個人は開き直るしかないケツの毛をむしられるくらいで済む

  • 政府の借金の期限済んでます、チャラにしましょ、個人関係ないから

  • 歩きスマホは人の命を奪わないが、スマホいじりながらの運転は人の命を奪い全くの別物です。

BIGLOBE
トップへ