考えると謎だった校則いろいろ

「アレなんだったの?」今から考えると謎だった校則いろいろ…

7月24日(水)7時30分 yummy!

小学生や中学生、いわゆる義務教育時代に何となくそれが当たり前だと思って実践してきた習慣って、社会人になってしまうと「結局何だったの?」と思える珍妙なものが少なくありません。たとえば筆者の通っていた小学校では、下校間際のホームルームでクラスメイトの中から「今日他人を傷つけた人」という名目での個人を対象…

記事全文を読む

「校則」をもっと詳しく

「校則」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 靴下ならともかく、下着の色形まで指定する・・・なんてのがあったな。見せて歩くわけじゃないのに。余計なお世話だってんだよ。べ、別に女物の下着なんてはいてないんだからねッ!

  • そんな不条理は社会に出ればいくらでもある。今となっては「その為のレッスン」だったと思ってます。学校は通ってる間は矛盾だらけの嫌な所だったが、卒業してみれば案外良かったとさえ思う

  • 昭和の頃は校則にイチャモンつける事は殆んどなかったし、有っても問題に出来なかったって言うのが本音だったか、当時は当時だったねw

  • 当方、60年以上前の小学校の卒業だが、こんな細々した校則は無かった気がする。校則みたいな小冊子があったとは思うがまともに読まなくても普通に学校生活を送ることが出来た。今は違うのか。

  • 四十数年前の中学の時、マフラー禁止でした。寒いのになんで?って思ったら、首を絞められるおそれがあるからとの事。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ