音楽家の儲けは業界の「12%」米

ミュージシャンの儲けは業界の「12%」だけ 「上前はねる」レコード会社はもういらない?

8月11日(土)10時0分 J-CASTニュース

米金融大手のシティグループは「PUTTINGTHEBANDBACKTOGETHER」と題した調査で、ミュージシャンに支払われる金額が音楽業界の総収入のうち12パーセントであると明らかにした。このことは英音楽情報サイト「NME.com」や米音楽誌「ローリングストーン」も取り上げられている。これでも昔よ…

記事全文を読む

「ミュージシャン」をもっと詳しく

「ミュージシャン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 勝手のアイドル全盛時代でもそうだった。寝食も削られ働かせられて儲けは会社ががっちり。

  • 歌番組に出たら翌日CDが売れた時代は、レコード会社のプロモーションが売り上げに直結してたからこれでも良かった。今のレコード会社はアーティストを育てる気もない、単なる流通屋に成り下がってる。

  • 12%もあれば十分だろ。普通の仕事じゃ自分が稼いでる額の何割給与貰えると思ってるんだ?1%にも満たないことが多いんじゃないか?

  • JASRAC職員の給料に回されているんだよ。足りなくなったから、音楽教室に通う幼児からも著作権料をとっている。教室の楽譜や教材に著作権料が含まれている事を隠して、バナナの叩き売りとか言っているわけだ

BIGLOBE
トップへ