貧困家庭の子 夏休みは「試練」

ヒオカ「貧困家庭の子にとって、夏休みは〈試練〉だ。旅行も文化的体験もなく、貴重な栄養源の給食もない。家庭に任せられるぶん、格差が広がる」

8月19日(金)12時30分 婦人公論.jp

写真提供◎AC貧困家庭に生まれ、いじめや不登校を経験しながらも奨学金で高校、大学に進学、上京して書くという仕事についたヒオカさん。現在もアルバイトを続けながら、「無いものにされる痛みに想像力を」をモットーにライターとして活動をしている。ヒオカさんの父は定職に就くことも、人と関係を築くこともできなかっ…

記事全文を読む

「夏休み」をもっと詳しく

「夏休み」のニュース

x
BIGLOBE
トップへ