がん発見 生活習慣に応じ検査を

がん早期発見 生活習慣やがんリスクに応じた検査の選択を

8月23日(金)7時0分 NEWSポストセブン

国立がん研究センターは8月8日、2009年から2010年にがんと診断された患者57万例を集計した最新の「5年生存率」を発表した。5年生存率とは、がんと診断された患者が5年後に生存している割合で、治療成果の目安となる。部位別(全期)にみると、5年生存率が最も高いのは前立腺がんの98.6%で、最低は膵臓…

記事全文を読む

「国立がん研究センター」をもっと詳しく

「国立がん研究センター」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  •  検査費用を優遇してくれる市町村とそうでない市町村では、5年生存率に差があったりするのかな。。

  • 職業別でガンを早期に発見できる会社員は、毎年の人間ドック、健康診断を義務付けれられているけど、自営業者は自ら行こうとしないと何年もそのままの人も多く、気が付けばステージ4という人が多いです。

  • まぁ真っ当なご意見ですね。

  • オメデトウ御座います。ステージ4ですね。ご家族とご親戚にご連絡ください・・・

BIGLOBE
トップへ