遺言書 意外な落とし穴と対策法

相続で重要な「遺言書」 意外な落とし穴とその対策法

9月17日(火)7時0分 NEWSポストセブン

2019年に激変した相続制度。残された者の「争続」を避けるために役立つのが遺言書だ。円満相続税理士法人代表で税理士の橘慶太氏が解説する。「遺言書には、自分で簡単に作れる『自筆証書遺言』と、公証役場で作成・保管する『公正証書遺言』があります。今年から自筆証書遺言については、財産目録部分が自筆だけでなく…

記事全文を読む

「遺言書」をもっと詳しく

「遺言書」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 遺言を書くほどの財産がない〜

  • 『公正証書遺言』のみにして義務付けよう。 わずかな相続で兄弟で争うのは嫌だ。でも文句言うのがいるだろうなぁ。

  • 遺言の形式や仕方について、情報が交錯している 週刊誌が主な情報源だろうが、何とかならないものか

  • 子孫のために美田を残さず。子供は子供の自由にさせたいので私の資産は寄付します。そのほうが子供もやりやすいだろうと思うから。と考える人は居ないんだよねぇ?中途半端にお金持ってる小金持ちだから・・

BIGLOBE
トップへ