「お忙しい」は忌み言葉?識者は

「お忙しい」は忌み言葉? TV番組紹介の冠婚葬祭NGワードに国語辞典編さん者「トンデモマナーの類では」

9月20日(金)17時43分 BIGLOBEニュース編集部

「お忙しい」や「ご多忙」という言葉を葬儀で使うのは相応しくないとTV番組で紹介されたことに、国語辞典編さん者の飯間浩明氏が疑問を呈している。テレビ東京で9月18日に放送されたバラエティ番組「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」では、葬儀で使う正しい言葉をクイズ形式で紹介した。その中で、「喪主から…

記事全文を読む

「忌み言葉」をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • テレビ局へ出入りする自称専門家はテレビ局に忖度しているから、バラエティ番組に出すなよ。真実よりも番組ウケの話にネジ曲げるからね。番組制作の方が日本語大丈夫かよ。

  • ご多用のところとかね、でも、葬式で言葉なんて気にしてへん

  • こじつけもいいところ、相手に対しての気遣いではないのか?「お忙しいところ故人のためにありがとうございました」でいい。結婚式のあいさつの「割れる・切れる・流れる・別れる」はタブーと同じ次元で時代錯誤。

  • 日本人は仏教的な葬式が多いのではないだろうか?しかし、ブッダは生きている人に対しての教えを広め、偶像崇拝や儀式的な事に力を注ぐ事は否定していたはず。本来は仏教を信仰するなら生きている事を大事にすべき。

  • いちいち気にするのが日本人、アホか

全件表示する

BIGLOBE
トップへ