オタクの終活 遺品整理人に聞く

オタクの孤独死、現場に取り残されるペット…… 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「終活」

9月23日(月)11時40分 ねとらぼ

「孤独死が誰にとってもひとごとではないことを伝えたい」という思いから、自身が見てきた孤独死の現場を題材にしたミニチュア模型を作っている遺品整理人、小島美羽さん。2019年8月に出版した初の著書『時が止まった部屋遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房)は、発売後2週間で重版がかかる大反…

記事全文を読む

「終活」をもっと詳しく

「終活」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • そもそも、結婚して子供がいようが同居していなければ突然死の場合は一人。核家族化している現代で孤独死を特別視する方がおかしい。

  • 他人事ではないことはわかる

  • 5年後は5人に一人、10年後は3人に一人かもという話。明日は我が身。真剣に向き合え。

  • オタクと一括りしてもその内容は様々。所有物の中には貴重なおもちゃや機器やソフトもある。

  • 死ぬまでオタクを続けるつもりだ、死んでしまえばわからん。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ