新潮社看板に落書き 評価は二分

新潮社看板に「あのヘイト本、Yonda?」 「落書きの神髄」「器物損壊」評価は二分

9月24日(月)15時52分 J-CASTニュース

新潮社の看板が「落書き」される事件が起きた。看板は、新潮文庫でおなじみのパンダのキャラクターと「Yonda?」のキャッチコピーが書かれているもの。その「Yonda?」の上部に、2018年9月23日ごろ、「あのヘイト本、」という文字が書き加えられたのだ。ブルーシートがかけられ...東京メトロ東西線「神…

記事全文を読む

「新潮社」をもっと詳しく

「新潮社」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 評価は二分という発想自体が報道機関はおかしいんだよ。これは犯罪だろ。言論の自由を盾に好き勝手にやっている報道機関が自分らの方向性と反対または面白おかしい他社のことには犯罪も容認か?あきれるわ。

  • 犯罪をアートと賛美とか頭おかしいだろ

  • 朝日新聞の慰安婦捏造記事などは許されないがこういう問題は意見がいろいろあって良いだろ。それこそ言論の自由。杉田氏を批判しているのは殆ど反自民と偽善者達だろうけどw

  • 犯罪を評価するな、バカ

  • 言論機関に対する反論の場が殆ど見当たらない。報道という道具を自己主張の道具に使用している現在の体制が問題なのである。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ