「PTAの悩みごと」が冊子に

「PTAって全員加入?」「役員希望者いない」…親たちが「PTAの悩みごと」冊子に

9月24日(日)10時6分 弁護士ドットコム

「PTAには全員入らなければいけない?」「役員希望者が見つからない」「名簿の作成で、学校から情報の提供を受けていい?」。かつてPTA活動では「常識」だったことでも、現在では難しい場面も多く、現場の悩みは尽きない。全国でトラブルから、訴訟にまで発展するケースもみられる。しかし、事前にトラブルを回避し、…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • PTAは自己の存在意義も役割も分らずに惰性で存在続けていることが問題の基。

  • 「PTA参加は任意であり不参加者を責める法的根拠は無い」と入学式後のオリエンテーションでまず配布すればいい。PTAが無かったら無いなりに回る。専業主婦主体集団に出来ることは限られているのだから。

  • 不倫、児童(特に非会員児童)への悪影響(差別意識を持つ)、会員への強制負担などPTAは何の益も生まないので不要。複数町内会連携によるイベントや先生との意見交換会などその都度対応・組織化すればよい。

  • 「PTAの悩みごと」 教育委員会と校長、教頭がクズ過ぎて機能してない事

  • ボランティアを空気感で強要するから問題になる。

  • PTAよりも現場の教師の悩みの方が深刻。PTAはどちらかと言えば悩みの「種」の方ですよ。

PTAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ