特集「寝るな日本人」で賛否

雑誌タイトルが「寝るな日本人」で賛否両論! 「薄給激務で夜遊べない」vs「消費しろというのは間違いではない」

9月26日(火)8時0分 ガジェット通信

人間の睡眠時間は7〜9時間が良いと言われていますが、加齢によりストレスや生活習慣によって短くなるもの。それでも健康を損ねないために3時間は取りたいところです。そんな中で、雑誌『日経ビジネス』2017年9月25日号が「寝るな日本人」と題して夜の経済の衰退を指摘する特集を組んでおり、ネットでも賛否両論が…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 昔は夜遅くまで会社に居るだけで残業代がっぽりだったけど、がむしゃらに働いても薄給な今の時代じゃ無理

  • 今の経済状態の下では金持ちは枕を高くして眠れるが貧乏人は夜もロクロク眠れないのが真実どうにかしろ安部。

  • 残業する必要のない金持ちに言え!

  • 寝ないで仕事してます。ケンカ売ってんのか日経ビジネス!

  • 薄給激務なので旅行にすらいけない

  • 企業は内部留保金に重きを置き社員厚生を捨て、鍋奉行が消えて久しい、ゆとりのない仕事漬けの毎日ではストレスたまるばかり。日本皆中流時代のほうが街に活気があった。あの頃が懐かしい、いい時代だった。

  • うるへー!大きなお世話じゃ!!

  • 人それぞれ!最近この手の余計なお世話記事多し構わんでほしい!

  • 夜遅くまで訪日外国人の遊ぶ場所を提供しろってことだろw

  • 若いうちは早寝の方が脳の発達に良い。若者の将来に期待するよ。

全件表示する

日経ビジネスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ