離婚し退社 引きこもり41歳訴え

離婚して会社を辞め、地方の実家に引きこもった41歳男性の悶絶

10月4日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

離婚をきっかけに会社を辞め郷里に帰ったシングルファザー「人間として、扱われていない感じがします」そう厳しい現実を訴えるのは、地方に住むシングルファザーの佐藤嘉高さん(41歳・仮名)。都会のIT企業を辞めて郷里に帰ったものの、2人の子どもを世話しながら生活していくために転職ができず、ほぼ引きこもり状態…

記事全文を読む

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のこれまでの出来事

「離婚」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • だから、何なんですかね?辛い状況でもしっかり生きていくシングルマザーだってたくさんいる。ご自身の人間性をしっかり見返して、少しずつクリアして生きてください。

  • 子供がいると仕事もなかなか見つからないかもしれないけどそんな時は休日だとあきらめて生活保護でも申請して仕事が見つかるまでコツコツ頑張ってください。必ずチャンスは訪れると思いますよ。

  • 都内は人材不足、地方は仕事がない。郷里に戻ってもやり慣れない農業しかないので仕方がない気がする。離婚しても東京に残るべきだったような気がするが?

  • 地方は保守的考えが強く変化を好まないどころか否定する、いかに効率的な提案をしても認める事は無い、いっそ子供は親に完全に任せ自信は単身都内で仕事、仕送りをした方が良い事が多い。

  • 親権を取るに値しない男の言い訳の日々か… どんなに正当な理由があったにしろ、41歳の引きこもりなんて理解なんかしてあげないよ。子供やおじいさんおばあさんが気の毒。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ