「出棺10分早めたい」理由に涙

出棺を10分早めようとした葬儀スタッフ 理由に「涙が出る」「これぞプロ」

10月8日(火)17時1分 grape

脚本家であり、小説家の一色伸幸(@nobuyukiisshiki)さん。2019年7月に他界した父親を見送るため、家族葬を行いました。「出棺を10分早めたい」といった理由家族葬の当日。葬儀社のスタッフは、一色さんに対し「出棺を10分ほど早めませんか?」と提案をしたといいます。一色さんが理由を尋ねると…

記事全文を読む

「葬儀」をもっと詳しく

「葬儀」のこれまでの出来事

「葬儀」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • これぞ送り人のプロ。

  • 小さな気遣いで最後のお別れすら素敵な思い出になるんだね

  • 葬儀社はいつも機械的にこなすのに、このスタッフは素晴らしい。

  • オレの場合は、すぐさま焼いてくれれば、それで良い。

  • 批判している人が多いが、その人たちは逆に自分たちが業者にそういう提案をした際、スケジュール通りにしないといけませんと突っぱねられた方が納得するのかな?絶対「遺族の気持ちも考えない!」と文句言うんでは?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ