旧日本軍の戦闘機「飛燕」競売に

旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」がヤフオク!に出品中 オーストラリアのコレクター「日本へ帰還させたい」

10月9日(月)14時59分 ねとらぼ

旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」の機体がヤフオク!に出品されています。開始額は1500万円。商品説明によると、1970年代にパプアニューギニアのウエワクで回収された機体で、その後合法的にオーストラリアへ輸送され、同地の航空機コレクターによって保管されていたとのこと。今回の出品は、そのコレクターから「日…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ぼったくり価格だな。「日本へ帰還させたい」ではなく「飛燕に思い入れのある日本の資産家、高く買って頂戴!」だろw

  • 保管状態最悪でこの値段?レストアするにもこの状態からだと相当かかりそうだね!買い取っても復元しなければただの鉄くずで終わりますね!どうなることやら!

  • 高くつけたもんだな皆でスルーしてほったらかしたら半値以下にすぐなるよ

  • コレクターとしては保管状態が悪過ぎ、どうせ現存部分は錆びと経年劣化で移動させるだけで破損するのがオチ。自称コレクターにわざわざ追い銭くれてやるのは抵抗感がある。

  • 再生するだけのパーツが見つかれば博物館展示で費用回収可能でしょうが、欠品が多そうなので無理そうですね・・個人的には陸軍四式戦闘機「疾風」を国内で再生展示してもらいたいです

  • 地金にもならない。

  • 石坂浩二氏が、なんでも鑑定団に出てきた長門の特大軍艦旗をコレクターから買って、大和ミュージアムに寄贈したが、あの時の値段は1000万円だった買う人間なら1500万円どころか、その倍でも買うだろう

  • 飛燕が2年早く開発されてればアノ戦争は勝ってたと思う

  • 残骸じゃね…

  • ゼロよりかっいい というかプロペラ機で一番!!

全件表示する

旧日本軍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ