スマホ老眼流行 あらゆる世代で

流行の“スマホ老眼” 10代以降のあらゆる世代で発症

10月19日(木)7時0分 NEWSポストセブン

白内障や緑内障より身近で怖い目の病気が流行り始めた。「スマホ老眼」という、スマホを長時間使用し続けることで、あたかも老眼のように、目のピントが合わなくなってしまう症状だ。老眼と言えば、40代後半から50代に達した世代が発症し始めるもので、近くの新聞の文字がよく見えないため「遠くに離して読む」姿を連想…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 電車やバスの中、歩行中、人によっては運転中までずっと見てればそりゃなるわな。

  • 指、老眼楽しいもんとかおいしいもんには落とし穴があるって事やでええ目見たらそれだけお釣りが来るって言うのは昔からあることなんやで。楽しんでばっかりではあれへん  のやでぇ

老眼をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ