現代人90歳まで働くことになる?

竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」

10月20日(日)15時15分 プレジデント社

Q.専門性が身に付かない■学歴よりもコンパスを持つ意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職を…

記事全文を読む

「コラム」をもっと詳しく

「コラム」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 足腰が脆弱になり、車の運転もできず、週に3度も病院へ行き、耳も遠く会話もできなくなる老人を雇う会社なんてあるのか?

  • 無駄な政治家、無駄なメディア、無駄な学者、ほら、大学多すぎてそこに無駄が一杯いて補助金で食ってるでしょ。社会から吸うんじゃなく吐き出して働いてね、平蔵さんも

  • すべてのはじまりは、竹中平蔵。

  • 根本的に変だよ。生きる事=仕事にしているよね。つまりは金の問題。年金詐欺はやめて60歳までに100歳まで必要な金を貯めるように国が対応しなよ。そうすれば仕事をがんばり、生産性も向上、老後も安心でしょ。

  • 現在の健康寿命は70代前半。現代人は昔ほど足腰を使わないし今後大きく延びるとは思えない。体力ないならデスクワーク?そんなの作家など一部を除けばAI化だよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ