満員電車がなくならぬ本当の理由

日本で満員電車がなくならない本当の理由5つ

10月24日(木)6時15分 プレジデント社

朝夕のラッシュ時間に満員電車で何十分も電車にゆられて通勤。それだけで疲れて仕事の生産性が落ちるという悪循環……。この“満員電車問題”は長らく指摘されてきましたが、一向になくなる気配がありません。なぜ、日本は満員電車を無くせないのでしょうか。企業の働き方改革やコミュニケーション改善の現場を知り尽くした…

記事全文を読む

「満員電車」をもっと詳しく

「満員電車」のこれまでの出来事

「満員電車」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 実情無視のアホ記事。殆どの社員が同じ時刻に出社すれば当然混む、何故か?取引相手がいる時間でないと無駄になりその取引相手にも他の相手がいるだから就業時間がほぼ同じで出退勤も同じ位になる。

  • なぜ国民性のせいにする?定時に出社する規則があるから仕方なく行ってるだけだが・

  • 儲ける為以外に何がある?

  • 主要会社のほとんどが都内に本社あるのが原因だよ。地方に本社移せばいいのにね。市街化区域の割方も悪いのかもね。社員の住所バラバラなのも原因。社会的構造よりも会社の近くに住むという概念がないからだよ

  • そもそも構造的に輸送力の限界をとうに超えている。これから増強しても完成するころにはガラガラかもとなれば鉄道会社も設備投資をためらう。道路をガンガン国費で作るように鉄道も増強してくれるといいのだが。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ