就活費用 地方大生は50万円弱も

「就活費用」地方大生50万円弱も…大きな地域差、首都圏の早慶生「恵まれていた」

11月4日(日)10時50分 弁護士ドットコム

多くの企業や官公庁で10月に「内定式」が開かれ、学生が再びリクルートスーツに身を包んだ。就職活動は経済団体などの「大人の都合」で、就活解禁時期をめぐり学生が振り回される様子が注目されがちだが、費用面も無視できない話。就職情報会社に寄せられた声から、改めて首都圏から離れた地域に住む学生の負担が大きいと…

記事全文を読む

「就職活動」をもっと詳しく

「就職活動」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • たった二人の早慶生に感想を聞いても参考にならないと思うけど。弁護士さん?

  • 企業、大学、タワーマンション、高層オフィスビルの現有建造物に高率な課税をすれば地方へ分散するよ。

  • じもとでしごとしたらどうえ?

  • いずれ大卒とか関係なく就職自体できなくなるから。外国人があらゆる仕事を奪っていくので。

  • 多くの場合は、大学に入るだけが目的で仕事も無いような地元以外の場所のしかも三流大学に進学したから。または局アナ志望とか。就職企業説明会は地方都市でも行っている。

BIGLOBE
トップへ