東京入管の公式ツイートが物議に

東京入管が「難民を解放しろ」に「落書き」とツイートし批判相次ぐ 担当者は「ご意見は直接いただければ」と説明

11月21日(水)14時34分 キャリコネニュース

東京入国管理局(東京都港区)が公式ツイッターに投稿した内容が物議を醸している。11月20日、画像とともに「落書きは止めましょう」と投稿。画像には同局に近い港南大橋にスプレーで書かれた「FREEREFUGEES」という文字が写っている。同局は、「表現の自由は重要ですか、公共物です。少しひどくはないです…

記事全文を読む

「東京入国管理局」をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 入管を批判している人達は自分たちの財産に落書きされても平気なのかね?犯罪行為だと理解できているのかね?入管は「訴えがあれば聞く耳を持っていますよ」と言っているのに。

  • 文句あるなら帰国しなさい。ここは夢の島ではありません。経済難民、出稼ぎ就学生もお帰り下さいませ。

  • 入管の被収容者への処遇は、ひどくは無い 経済難民はお帰りを

  • 文句のある奴は日本に来るな!落書きは立派な犯罪だ知らんと言うなよ!

  • 不法入国者の医者代や食費も我々日本国民の税金です。収容は1日以内とか決めればいいだけ。主権国家は自由に自国のルールを決められるのだよ。滞在させるな仕事しろ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ