親の口癖が「ヤバい」なら子も?

親の口癖が「ヤバい」なら子も「ヤバい」

11月22日(水)9時15分 プレジデント社

「ヤバい」「ウザい」「ムカつく」といった短絡的なことばを使ってはいないだろうか。語彙が乏しくなれば、感情表現も乏しくなってしまう。中学受験塾講師の矢野耕平さんは「そうした言葉を親が口癖にしていると、子もまねしてしまう。そうした子は表情が乏しいことが多い」と指摘する。自然なやりとりの中で、子どもの語彙…

記事全文を読む

「子ども」のこれまでの出来事

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 子が親のまねをするのは当たり前。子を見れば、親の普段の姿が分かるよ。

  • 「ヤバい」「ウザい」という情けない言葉を使うのは、中卒高卒や2流大学卒。

  • 「腹が立つ」が「むかつく」に変わってしまった。また「すごく美味い」を「すごい美味い」というような形容詞に形容詞を付ける親が多く、今の子は何でも「すごい」しか言わない。教師が作文等で直したら苦情。

  • 「バカ親」の子供は「バカ子」、「勉強やれ!」はバカ親の定トークだが、何をやるか親も解らない。とりあえず、スポーツでもやれや

  • 親もだろうが原因はテレビじゃねえか?

全件表示する

子どもをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ