厚労省の体罰ガイドラインに賛否

禁止された体罰「全てやったことあります。親も人間です」 ガイドラインに賛否の声

12月8日(日)10時13分 弁護士ドットコム

しつけのために、子どもを叩くことはやむを得ないのでしょうか?どのような行為が体罰に当たるのか、国が示したガイドライン案に対し、ネットでは賛否両論の声があがっています。厚生労働省の「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」は12月3日、ガイドライン案をまとめました。これは今年6月に改正された児童福…

記事全文を読む

「厚労省」をもっと詳しく

「厚労省」のこれまでの出来事

「厚労省」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • シツケと称した幾度もの暴力は良くないが、一度も叩かれたことのない子供が大人になったらと想像すると思う所があるよね。学級崩壊の要因としても親のシツケ不足があるのに、禁止時効だけでなく育て方も示せよ。

  • 学校で体罰を禁止してどれだけ学校が荒れた事か。それと同じ事を一般家庭でしようとするのか?

  • 問題を起こす親は大体が子に怒っている。起こさない親は子を叱っている。愛情の有無。怒らず愛情をもって叱り、叱った後に子が反省の態度を見せたなら褒めてあげればいい。まぁ簡単に行かないのが子育てだが…。

  • 公僕の子はどんな育て方をしているの?「何事も上の者には従え。忖度して行動しろ。まずいときには隠し通せ。」、「そうすれば私欲が叶えられるぞ。」そんなことぐらいだろうな。

  • 今必要なのは国民に対するガイドラインでは無い。公僕を律するガイドラインだ。下らん事をして右や左の旦那様から無心するな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ