やってはいけない無意味な重ね着

やってはいけない防寒対策 重ね着も素材によっては無意味に

12月15日(日)16時0分 NEWSポストセブン

インフルエンザや風邪予防の観点からも、冬場には「防寒対策」が重要だが、間違った常識を信じている人は多い。暖かかった前日から気温が10度以上も下がり、午前11時で7.3度を記録した11月下旬のある日──。都内在住のA氏(62)は、綿の肌着とセーターの上から厚手のコートを羽織り、靴下を重ね履きして外出し…

記事全文を読む

「防寒」をもっと詳しく

「防寒」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • まあ、熱は外に逃げないから重ね過ぎても無駄ではないだろう。重くはなるだろうけど。

  • あのな、天然ウールや絹の下着がいくらするんじゃ!着替えもいるから何万円も下着にフツーの人が買えるか!一般感覚を学べ!!

  • 寒いのは我慢すればよい、厚着で動きにくくなるほうが問題だ。

  • 重ね着でブクブクきぶとるより、カイロを巧く貼れば体は寒さを凌げるんだけど、なぁ・・・

  • ヒートテックとか着たら大変汗がでて気持ち悪いだけ、

全件表示する

BIGLOBE
トップへ