星座占い【1月の運勢】新年がスタート!2020年に何を願う?

1月1日(水)0時0分 yummy!

いよいよ2020年がスタートします。

今年は、やぎ座でラッキースター木星としっかり者の土星が約20年ぶりに顔を合わせるドラマチックな年。思いがけない変化が訪れたり、努力が実ってさらに発展したりするかもしれません。

そんな2020年の始まりですから、今年の目標を立てる時のプチアドバイスと一緒に、1月の運勢を見ていきましょう。

おひつじ座(321日〜419日生まれ)

2020年はおひつじ座さんにとって、仕事の年。やりたいことがある人は全力で取り組むといいですし、社会的に認められることに対しては貪欲になるといいでしょう。

「忙しくなるのはイヤ」と思っても、4月ころから働くことに楽しさや意義を見出しやすくなるはず。「やりたいことなんて特にない」という人は、7月から好奇心をくすぐられるものを見つけられそうです。

今月は、家族の大切さを痛感して、心の軸がしっかりと固まる月です。

恋愛運はボチボチですが、仕事運は早くも盛り上がりを見せているので気合を入れていきましょう。

おうし座(420日〜520日生まれ)

おうし座さんは2020年、今までにない自信をつけられる年です。

欲しいものには貪欲になって、思いつきや気まぐれでも「こうしたい」と思ったら動いてみましょう。海外旅行や専門的な知識・スキルを身に付けることは開運のカギになりそう。

今までの習慣や過去の成功体験に縛られず、自由な発想を大切にしてみてください。

今月は、コミュニケーションで大切な気づきを得るかもしれません。

話し方や周囲への接し方を大幅チェンジさせる人もいそうです。

恋愛は、好きな人がいるなら燃え尽き症候群になる可能性が。

仕事はお正月気分がなかなか抜けない様子。気をつけて。

ふたご座(521日〜621日生まれ)

2020年のふたご座さんは、すてきな恋を経験しそうです。春から夏にかけては、とにかく楽しく過ごせるはずなので期待してください。

また、2020年は周囲から与えられるものを吟味して、自分に必要なものだけを選ぶことが重要です。物事の真価を見極める目が養われるでしょう。

1月は、お金について印象的な気づきがあるかも。

見て見ぬふりをしていた問題があるなら、もう放置できないはず。そこに仕事が絡むのなら、別問題にしないであわせて考えるといいでしょう。

恋愛は、好きな人がいる人は関係が盛り上がりそう。ただ、熱くなりすぎてケンカをしないように。

かに座(622日〜722日生まれ)

かに座さんにとって2020年は、自分に大切な人を見つける年になります。

恋人や結婚相手、仕事のキーパーソンとなる人と絆を結んでいく中で、未来が見えてきたり、自分とその人を軸にした新しい人間関係ができ上がったりするでしょう。

人とのつながりに、いつも以上に注目すると良さそうです。

今月は、自分自身を深く見つめ直す場面がありそうです。

一人で心の奥を覗くような、静かな時間を持つようにするといいでしょう。

仕事は思いのほか忙しくなるのかも。恋愛は、落ち着いて考えようとしてもなかなか冷静になれないようです。

しし座(723日〜822日生まれ)

2020年のしし座さんは、自分の中の「当たり前」を積極的に疑ってみると良さそう。

決まりきった日常習慣、美容と健康、働くことなどを、今のままでいいのか自問自答してみてください。

この一年で、暮らしを丁寧に整え、改善していくことで恋や仕事にも大きな影響があるでしょう。

ただ、1月はまだ何に注目するべきかが分からず、モヤモヤするかもしれません。

気にはなってもずっとスルーしてきたものがあるなら、ハッとさせられる瞬間がありそうです。

恋愛は勢いづく月なので積極的にいきましょう。仕事はこまごまとしたことで忙しくなるはず。

おとめ座(823日〜922日生まれ)

2020年は「愛」の年です。運命の人を見つけるかもしれませんし、好きなものへの情熱や創作活動に力を注ぐのかもしれません。

純粋に「好き」と思える人やものに真摯(しんし)に向き合うことが大事。そこで新しい自分を発見する人も多いでしょう。

今月は、人間関係に変化が起きやすい月。身近に付き合うメンツがガラッと変わったり、苦手に思っていた人が実は一番仲良くできる人だと気づいたりするのかも。

恋愛は、慌ただしく状況が変わりそうなので慎重に。仕事はピリピリしすぎず、楽しい雰囲気を心がけましょう。

てんびん座(923日〜1023日生まれ)

2020年のてんびん座さんは、自分の居場所を固めることになるでしょう。

居心地の良い街を見つけて引っ越す人もいれば、結婚して身を固める人もいるはず。あるいは、心の軸をしっかり固めてブレないメンタルを整えるのかもしれません。

いずれにしても、「どっしりとした根を張る」イメージを持って。ポリシーや立場をコロコロと変えるのはやめた方がいいでしょう。

1月は仕事をがんばりたい月。スタートダッシュを大切に。

恋愛は甘い雰囲気が楽しめそう。仕事とのバランスをうまく取って。

さそり座(1024日〜1121日生まれ)

さそり座さんは2020年、自分だけのテリトリーで動くのではなく、外へ出て周りの人と接しながら動くことになりそう。

コミュニケーションや人間関係がカギになるので、自分の殻に閉じこもらず、意見交換や議論には積極的に。目からウロコの発見や新しい学びがあるはずです。

1月はお正月休みに少し遠出をしたり、連休で小旅行に出かけたりするといいでしょう。

いつもとは違う景色を見ることで良いリフレッシュができそうです。

恋愛は会話を大切に。一方的にしゃべるのではなく、言葉のキャッチボールを心がけて。

仕事はお金や数字に厳しくなる傾向が。

いて座(1122日〜1221日生まれ)

2020年のいて座さんは、お金について真剣に考えるといいでしょう。

そもそもお金に無頓着なところがあるので、将来のことや自分の能力に見合った収入を考えるには良いタイミング。仕事でコツコツ努力した結果として、まとまった報酬を受け取る人もいるはずです。

また、2019年に成し遂げたものがある人は、それを踏まえて動くことになりそう。

ふんわりした希望的観測ではなく、現実的かつ具体的に考えることが大事です。

1月は、自分の前に差し出されたものをどう選ぶか考えさせられるようです。

それは複数の恋人候補なのか、あるいは仕事での選択肢なのか……いずれにしても適当な返事はできないでしょう。よく考えて。

やぎ座(1222日〜119日生まれ)

2020年はやぎ座さんにとって12年に一度のスペシャルイヤー。

この一年で人生の土台を固めれば、愛情面も仕事面もさらに充実していけるでしょう。

必要と思い込んでいたこだわりやマイルールを手放し、自分で自分を縛り付けないように。もっと自由に生きることを考えてみてください。

1月は、好きな人や仕事でキーパーソンとなる人との関係をじっくり考えて。

「一番」と思うべきは、実は違う人なのかもしれません。

恋愛はスムーズに進展できる月です。急展開もあるので油断しないで。

仕事はお金に甘くなりそう。損をしないようにしっかりと。

みずがめ座(120日〜218日生まれ)

みずがめ座は2020年、今まで知らなかった幸せを知り、見て見ぬふりをしてきた世界に足を踏み入れるでしょう。

不安があるかもしれませんが、杞憂するよりは思い切って飛び込んでみたほうが良さそう。自分の中にタブーを作らず、コンプレックスや秘密にしたいことにも目を向けてみては?

1月は、自分自身や日常生活を見直してみましょう。

年末からお正月休みにかけて、だいぶムリをしてきた場合、休息と生活の改善が必要になるはず。

恋愛は自分の魅力を出しにくく感じるかも。

仕事は、見直しが要るならすぐ着手した方がいいでしょう。先送りすると2月から年度末にかけて自分が困ることになりそうです。

うお座(219日〜320日生まれ)

2020年はうお座にとって、人とのつながりを深く実感する年になるでしょう。

自分と同じ信念を持つ仲間を見つけるとか、居心地の良い人間関係を整えることには積極的に。身近な人に安心を覚えて深く関わっていく場面が増えるはずです。

1月は、恋愛にターニングポイントがもたらされそう。

このまま進むのか、あえて退くのか? あるいは、根本的に恋愛観がガラッと変わる可能性も。

何か決断するなら、慌てず慎重になりましょう。

仕事は2020年の抱負を決めて。今年はお金に対してシビアになりやすいので、ガツガツと攻めた目標を立てるくらいがちょうど良いのかも。

(沙木貴咲/占い師)

yummy!

「星座」をもっと詳しく

「星座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ