「今年は汚い言葉なんかを選ばないで下さいね」昨年の「日本死ね」でユーキャンの新年ツイートも大荒れ

1月2日(月)20時30分 ガジェット通信

「今年は汚い言葉なんかを選ばないで下さいね」昨年の「日本死ね」でユーキャンの新年ツイートも大荒れ

写真を拡大

昨年2015年、『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテンに選ばれた「保育園落ちた日本死ね」。選出についてはまさに賛否両論となり、反対する人からは審査員の俵万智さんや協賛の株式会社ユーキャン(@ucan_manabi)に批判の目が向けられる。両者の『Twitter』アカウントには批判が殺到するなどしていた。ユーキャンは12月16日に、サイトにて見解を発表したものの、批判は収まらず……。

参考記事:「日本死ね」がトップテンに選ばれ批判された『新語・流行語大賞』 ユーキャンがサイトで見解を発表
http://getnews.jp/archives/1572022[リンク]

1月1日、

【2017年スタートですの!】 みなさん、あけましておめでとうございますなの! 今年もどうぞよろしくお願いいたしますなの(ノ・`ω・)ノ

と新年の挨拶ツイートを行ったもののこちらにも批判が殺到。
「謹んでお悔やみ申し上げます。」
「今年は汚い言葉なんかを選ばないで下さいね」
「どの面さげてよろしくなの?」
「>今年もどうぞよろしくお願いいたしますなの
謹んでお断りいたします。」
「はよ流行語から日本〇ねを削除せんかい!企画したのはてめーらユーキャンだろうが!審査委員なんか無視してはよ削除しろ!日本を舐めるな!」
といった返信が寄せられる。
中には、「保育園落ちた日本死ね」の受賞者として表彰式に登場した民進党の山尾志桜里・衆議院議員が
「秘書に責任なすりつけたの私だ」
というプラカードを持っているコラ画像を貼った返信などもあり、大荒れとなっている状況のようである。

※画像は『Twitter』より引用

ガジェット通信

「ユーキャン」をもっと詳しく

「ユーキャン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ