【静岡のお土産】たまご色が優しいふわふわ蒸しケーキ「こっこ」は癒しの権化みたいなお菓子です #地元民が本当にオススメするお土産選手権

1月2日(火)8時45分 Pouch[ポーチ]

本当に美味しい土産は、地元民が知っている!

旅行に行けば行くほど迷ってしまうもの……それはお土産! なんでこんなにお土産があるんだYO!! 雑誌のお土産ページが見開きで何ページもあるYO!!

そんな迷える子羊のためにあるのが、Pouchの「地元民が本当にオススメする土産シリーズ」なのだ★ 雑誌やテレビでもなく、手みやげの達人でもなく、地元民がガチで愛するお土産とは……?

今回ご紹介するのは、お茶どころとして知られる静岡県「こっこ」です。

【推薦者「静岡県魂に染み付いた味とCMソング」】

オススメ土産:ミホミ「こっこ」
推薦者:静岡県出身 篠宮チュンさん
推薦文:小さいときからCMで流れていて、静岡県魂に染み付いた味とCMソング。味はやっぱりプレーン!

推薦者はPouch編集部・篠宮チュンさん。聞いたところ、静岡県で育ったら「こっこ」を知らない人はいないそうで、イメージキャラクターの「こっこちゃん」が登場するCMソングも超有名。地元で知らない人はいないくらい有名なキャラクターなんですって。静岡の「ソウルフード」と呼べるお菓子なんだそうです。

「ひよこ」「鳩サブレー」など、鳥をモチーフにしたお菓子はいろいろありますが、「こっこ」は静岡のソウルフードと呼べるほど、地元では親しまれているそう! いったいどんな味なのか気になります。

【「こっこ」とは?】
「こっこ」は、静岡のおいしい水と、新鮮な卵にこだわった蒸しケーキとのこと。南アルプス山系の伏流水と、とれたての自然卵を使っているそうです。

【可愛いこっこちゃんに癒される】
ひよこのような黄色い包装紙に包まれている「こっこ」。一面にこっこちゃんのイラストが描かれていて、ほのぼのしたテイストで可愛い! 早くも癒されている自分がいます。

中身はこっこちゃんプリントの銀色のフイルムに包まれていて、できたての風合いを大事にしていることがわかります。

【優しい甘みとむっちりした食感】
包み紙を開けてみると、ひよこのように黄色くて、まん丸のケーキが現れました。大きさはちょうど手のひらくらいです。

割ると、中にはミルククリームが入っています。ひとくち食べてみると……甘みが優しい〜! 卵の風味が濃くて、ムチッとした弾力のある食感。スポンジケーキの甘さと、中のミルククリームの組み合わせがちょうどいいバランス。どちらも甘すぎず、食べごたえがしっかりあって、絶妙な美味しさです。

【温・冷、どちらでもおいしい】
サイトの「美味しい食べ方」をみると、レンジで温めたり、冷蔵庫で冷やしても良いみたい。試しにレンジで軽く温めて食べてみたら、スポンジがふわふわに。中のクリームが溶けて、これもまた美味しいです。

ちなみに、「こっこ」はプレーンの他に、6種類あるそう。あずきが入った「抹茶こっこ」、いちごクリームの「いちごこっこ」、期間限定「夏バナナこっこ」に「ハロウィンこっこ」。名古屋コーチンのたまごを贅沢に使って作った「こっこゴールド」に、ウェブ限定「チョコバナナこっこ」もあるんですって。

お茶どころの静岡らしく、紅茶や緑茶にもよく合います。個人的には、冷たい牛乳と一緒に食べるのがオススメです。小さいお子さんも食べやすそうな、食べあきないサイズのお菓子というところも、お土産の大事なポイントを抑えていて好印象。迷ったときは「こっこ」、間違いないと思います!

参考リンク:こっこ
撮影・執筆=はちやまみどり (c)Pouch

★コチラもどうぞ→シリーズ「地元民が本当にオススメするお土産選手権」

画像をもっと見る

Pouch[ポーチ]

「お土産」のニュース

BIGLOBE
トップへ