骨にミシミシ響く!? おでこジワ&エラにボトックス注射 体験レポ施術編

1月3日(日)11時0分 messy

東京イセアクリニック銀座院

写真を拡大

東京イセアクリニック銀座院で、稲見文彦先生による丁寧なカウンセリング(前回記事参照)を受け、額と左右のエラにボトックスを打つことになった山ちゃん。いよいよ注入編です!

前回のヒアルロン酸に続いて人生2度目の顔面注入。
なので、前よりは緊張はしなくなっておりました。

施術ルームへ移動し、女性看護士の方が額、エラに麻酔クリームを塗ってくれます。
塗られながら「お姉さんはボトックス打ったことありますか?」と聞くと、「3〜4回打ちました!」と。
さすがは美容クリニックの看護士さん! 打ってますねぇ!

看護士「私たちは時間短縮もあって、注入等の施術時は麻酔クリームを塗らないんですよ〜」

なぬ!?

看護士「麻酔クリームといっても、皮膚を針で刺したときの痛みを抑えるだけなので、注入するときの痛みはしててもしてなくても一緒なんです。だから、そんなに変わらないですよ」

励ましになってるのか、なってないのか分からないけど(要は注入してるときに痛みはあるってことね)お姉さんはボトックスの効果は実感できたのだろうか?

看護士「元々エラが張ってるほうだったので、打ってだいぶ輪郭がスッキリしました。半年経つ前にまた打って、を繰り返して3〜4回打ったのですが、段々と戻りにくくなってきました」

おぉぉ〜〜輪郭がスッキリ! いいですね、早く私もスッキリなりたい!
そんなこんなでクリームは塗り終わり、効き目が出るまで20分ほど保冷剤を自分で当てながら待ちます。



20分経った頃、稲見先生が登場し、私の顔に紫色のペンでマーキングしていきます。



目を開いたり閉じたりして額の筋肉の動きをチェックしながらマーキング、エラのときは奥歯を噛み締めたりして筋肉の様子を見ながら印を書いていきました。
このときに稲見先生が「やっぱり左顎のほうが噛み締めが強いですね」とつぶやきました。私自身、自覚があるので「やっぱりか〜」と思いました。
安心してください、マーキングの紫色の印、ちゃんと消えますよ。



ボトックスの注射針はヒアルロン酸を注入するときのものよりも細いようです。
なので、跡もヒアルロン酸のときよりも残りにくいそう。

まずは額の生え際近くから注入開始。

皮膚表面は麻酔クリームを塗ってあるので、表面に刺したときの痛みは感じませんが「ぷすっ」と“刺してる感触”はあります。

ヒアルロン酸のときのような痛みかなぁ……と予想していたのですが、ボツリヌス菌が注入されていくときの感覚は、前回、目の下にヒアル注入したときの感覚と全然違いました!!!!
正直にレポします!あくまでも、私の感想で、個人差はあると思いますが……。
ミシミシと直接骨に注入されているかのような感覚で、目の下の注入のときよりも痛点的には低いのですが、目の下のときよりも「重だるい感じ」を受けました。
実際には筋肉に注入しているので、もちろん骨になんかは注入されていないのですが、額は余計な脂肪もなく骨のすぐ上に皮膚がくるから、注入されるとミシミシジャリジャリと骨に響く感覚を受けるのではないかな、と。

ボトックスもヒアルロン酸のときと同様に、小分けに数カ所刺して注入していきます。



骨に響く感覚にとまどっている山ちゃん

稲見先生「注入するときに、早く入れようとすると痛みが強くて、ゆっくり入れると痛みが少し軽減されると言われています。といってもほんの少しの差で、どっちにしろこの治療は痛いもので、早く終わらせた方がいいと思うので素早く注入してみますので、痛かったら教えて下さい」

山ちゃん「おっおぉぉ…い、痛い…、けどスピード関係なく、どちらも痛い…」

稲見先生「痛い治療は早く終わらせてしまったほうがいいですよ」

サクサクと打っていき、額への注入は終了。
私は、この骨に響く感覚が結構苦手でした……額への注入が終わったときにはホッと一息ついてしまいました。(冷や汗かいた)

さて、お次はエラへの注入!
エラ周りは、額よりも肉付きがいいので、さすがにあの骨への響く感じはないだろうな〜〜と予想。案の定、なくてひと安心!
もちろん注入されるとき、多少の痛みはあるものの、今まで注入した部位の中でエラへの注入が一番痛くなかったです。これなら朝飯前だ〜(あくまでも私の感想です)



稲見先生「エラへの注入のときは少しだけ血が出ましたけど、ほとんど血が出なかったのでラッキーですね」

スタッフ「注入後なのに何事も無かったかのように、跡にもなってなくて綺麗ですねー!」

これが普通なワケじゃなくて、本来ならもう少し血とか出るんですね……!?

稲見先生「血が出ると言っても、跡になったりするほど出るわけではないのですが、人によって個人差がありますし、同じ人でも日によって出たり出なかったりです。何度か注入していて血が出なかった人でも、血の出る回があったりします。でも、前回のヒアルロン酸のときも今回も、山ちゃんさんは全然出ないほうですね」



打った直後ですが、さっぱりしてます。
針跡は数カ所うっすらありますがニキビのほうが10倍目立つ…。

ほほぅ……これは喜んでいいことだろう! やった!
ヒアルロン酸のときは、注入直後は目の下に何か入っている違和感を感じたけれど、今回は何も違和感なくて、跡も残ってないし、本当に今日打ったことを忘れそうなくらい。

撮ってもらった動画を私が確認していると、
「前回の打ってるときの動画を確認したら、自分の小指が立ってることに驚いた(笑)」
と稲見先生がポツリ。

稲見先生「注入するときにバランスをとる為に多分小指が立ってしまってるんだろうな〜」

私もリキッドアイラインを引くときに、グラグラしない様に他の指を顔に当ててバランスとってるので、その感覚分かる分かる〜!
ベテラン整形外科医の先生でも、施術の様子を動画撮影して見返すことなんて、なかなかないですもんね。
稲見先生の小指に注目しつつ……、ボトックス注入の様子を詳しく知りたい方は、こちらの動画を参考にしていただければ嬉しいです。



さあ、施術当日はこんな調子でしたが、数日間経過してみて、私のエラと額、そして顎関節症はどうなったでしょうか?

経過報告レポへと続く。

※ここで言う「ボトックス」とはボツリヌス菌製材の通称として記載しており、アラガン社のBOTOX(R)のことだけを指しているのではありません。ボツリヌストキシンの名称を、分かりやすく、ここでは「ボトックス」として紹介いたします。

(山ちゃん)

messy

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ