焼き豚にゆで卵も!?魚焼きグリルで作るアレンジレシピ

1月4日(土)10時14分 アサジョ

 焼き魚だけではなく、焼き料理・蒸し料理作りにも便利な魚焼きグリル。例えば、お湯を沸かして茹でる「ゆで卵」をより手軽に、“茹でずに”作ることができてしまいます。がっつり食べたい日は、お正月料理で余った焼き豚と合わせるのはいかがでしょうか。これらを、魚焼きグリルで手軽に作る方法を紹介しましょう。

【魚焼きグリルで作るゆで卵】

〈作り方〉

1.卵は常温に戻しておく

2.キッチンペーパーを濡らして卵を包み、その上からアルミホイルで包む

3.アルミホイルで包んだ卵を魚焼きグリルの網に並べ、火にかける

4.両面焼きの場合は8〜9分、片面焼きの場合は10〜12分程度で出来上がり

※お好みの黄身の硬さになるように加熱時間を調節してください。

 出来上がったら素早く冷水で冷やし、ゆで卵がキュッと縮んだうちに素早く殻をむきましょう。殻むきに失敗しにくくなりますよ。

【魚焼きグリルで作る焼き豚】

〈材料〉(2〜3人分)

■豚ロース塊肉200〜300g/焼肉のタレ適量/ゆで卵2〜3個

〈作り方〉

1.豚ロース肉にフォークを刺してたくさん穴を開ける

2.ジップロックに肉と焼肉のタレ(空気を抜いて蓋を閉めた際に全体にタレが行き渡る程度)を入れ、冷蔵庫で2〜4時間漬け込む

3.卵はゆで卵にしておく(事前に魚焼きグリルで作っても、グリルで肉を焼いている間にコンロでゆで卵を同時に作成してもOK)

4.豚ロース肉を魚焼きグリルに入れ、弱火で10分加熱する

5.豚ロース肉をひっくり返してさらに10分加熱する

※魚焼きグリルの種類や性能によって加熱時間は異なります。説明書をよく読んで調節してください。

6.豚ロース肉をアルミホイルに包み、余熱で10〜15分置いておく

7.焼いた豚ロース肉を食べやすい大きさにカットし、ゆで卵を添えて出来上がり

 ジューシーな焼き豚にゆで卵を添えれば、食べ盛りの家族が喜ぶスタミナレシピになりますよ。魚焼きグリルの隙間で野菜やきのこを焼いて添えるのもオススメです。バーベキューで作る本格的な焼き物料理を、短時間で手軽に作ることができますので、ぜひ試してみてください。

(Nao Kiyota)

アサジョ

「グリル」をもっと詳しく

「グリル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ