生え際対策!薄毛予防の効果的な方法とは

1月6日(日)3時31分 YAZIUP

頭髪最前線!生え際の後退を防ごう


頭髪最前線!生え際の後退を防ごう

女性と比べて外見にはあまりこだわりを持たない男性であっても、さすがに頭髪の薄さや生え際の後退には神経過敏にならざるを得ません。「まだまだハゲたくはない…!」そう焦れば焦るほど、意識は髪へと集中してしまいより一層、メンタル的にもストレスになってしまいます。


今回は男の頭髪を守るため、生え際後退の原因やその改善方法について解説していきましょう。



生え際がヤバくなってきたシグナルは?


まず、生え際がヤバくなってきたかどうかを正しく判断する必要があります。まず、以下のチェック項目のうち、いくつ該当するかカウントしてみましょう。


・一日の抜け毛が明らかに200本以上

・親がハゲてる

・喫煙習慣あり

・脂質の多い物が好き

・毎日酒を飲む

・睡眠時間が平均5時間以下

・タンパク質をあまり摂取しない

・シャンプーの質を気にしていない

・頭皮が硬い

・ぶっちゃけ薄毛が進行している


この10の質問のうち、3つ以上が当てはまるとかなりヤバイと言えます。5つ以上該当する人の場合は現在、または近い将来において頭髪が薄くなったり生え際が後退する確率は相当に高いと言えるのです。ちなみに9個以上あてはまってしまった人は…この記事の最後にある、「最終的には病院で」部分をお読み下さい…。



生え際後退の原因はコレ


生え際後退や薄毛の原因はいくつかあります。主だったものとしては「ホルモンバランスの乱れ」や「頭皮の血行不良」「栄養状態の悪化」「精神的ストレス」「睡眠不足」ですね。単独でも十分髪にダメージとなりますが、複数要因が合わさるとリスクはかなり高まります。自分の生活を思い起こしながら一つひとつ要因を特定していきましょう。



生え際復活の作戦とは


基本的には上記のチェック項目で自分が当てはまったものを丁寧に潰していくことが大切です。簡単に改善できるものとしては喫煙を止める、飲酒を控える、早寝早起きを心がける、などですね。また、髪の毛の材料はタンパク質ですから脂質の少ない肉や魚、プロテインを飲むなどするのも効果的です。


これは筆者のあくまでも個人的なケースですが、筆者も薄毛や髪が細くなる事に悩んでいた時期があったものの筋トレを始め、タンパク質摂取量を大幅に増やしたところ髪のコンディションが劇的に改善しました。これはおそらくタンパク質摂取量の増加、生活習慣の改善が要因だと考えています。


親がハゲているなど遺伝的な要因は解決のしようもありませんから受け入れるしかありません。


育毛はある程度長いスパンで状況を見守る必要があります。最低でも三ヶ月〜半年ですね。焦りは禁物です。すぐに効果の現れる方法は基本的には存在しないと考えるべきで、じっくりじっくり大切に髪を育てましょう。



最終的には病院で


もうどうしようもないレベルまで生え際が後退してしまったり、頭頂部からいきなりハゲだしてしまった場合は最終的には病院に行くことも検討しましょう。


最近では薄毛外来やAGA外来という、育毛を専門医療の観点から治療してもらえる医院も増えています。


病院ではフィナステリド等の育毛成分が配合された医薬品を医師の診察のもとで正しく処方してもらえます。時間や手間、お金も掛かってはしまいますが最終手段としては頭の片隅にでも置いておきましょう。


まずは日頃のケアと自分の頭髪の状況を正しく認識し続ける事。そして、「これはさすがにヤバイな」と感じたら躊躇せずにまずは病院へ。


YAZIUP

「薄毛」をもっと詳しく

「薄毛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ