「出納」「月極」「相殺」・・・大人が読めない意外な漢字とは

1月7日(金)11時0分 ココカラネクスト

  意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?そんな漢字5つを紹介する。


1.出納
読み方は「すいとう」。金品や物品を出し入れすること。「出納帳をつける」などと使う。

2.歪曲
読み方は「わいきょく」。物事を故意にゆがめ曲げること。そこから、事実をゆがめて伝える意味に使う。「事実を歪曲」などと使う。

3.月極
読み方は「つきぎめ」。1か月いくらと決めた契約。「月極で駐車場を借りる」などと使う。

4.極寒
読み方は「ごっかん」。極めて寒いこと。厳しい寒さの冬の時期を指す。

5.相殺
読み方は「そうさい」。損得や貸し借りなど互いに差し引いて帳消しにすること。または利点や長所などが差し引かれてなくなること。

[出典元=大人の国語力大全]

大人の国語力大全

『大人の国語力大全』(青春出版社刊)

敬語、慣用句、ことわざから、漢字、四字熟語、カタカナ語まで、できる大人が確実におさえている日本語の最重要ポイントを完全収録。日本語で恥をかかずに、「できる大人」になるための必読書。

1 表現力が200%アップする!できる大人の慣用句
2 誰も教えてくれなかった敬語のコツ
3 さりげなく使いこなしたいカタカナ語
4 知らないと話にならない漢字
5 覚えておいて損はない四字熟語
6 教養が試される国語の常識
7 品のよさを演出する大人のことわざ・故事成語
8 気になる語源の本当の話

編者=話題の達人倶楽部
カジュアルな話題から高尚なジャンルまであらゆる分野の情報を網羅し、常に話題の中心を追いかけるプロ集団。


ココカラネクスト

「読み方」をもっと詳しく

「読み方」のニュース

「読み方」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ