2020年予測 注目はシェントウジャン、楽天モバイル、マイナP

1月7日(火)7時0分 NEWSポストセブン

「シェントウジャン」はタピオカに続くブームとなるか?

写真を拡大

 東京オリンピック・パラリンピックが開催され、日本が世界中から注目を浴びることとなる2020年は、一体どんな1年になるのだろうか。各界の専門家に、2020年を予測してもらった。


◆トレンドウォッチャー・くどうみやこさん


 今年はオリンピックイヤーですから、世界中の人が東京に集まり、いろいろな国の食べ物が注目されるはずです。


 なかでも人気が出そうなのが台湾料理「シェントウジャン」。干しえびやねぎなどが入った温かい豆乳スープで、台湾の朝食の定番メニュー。酢をたらすと、おぼろ豆腐のようにとろっとろでフルッフルになるんです。


 その食感がとにかく楽しい。もちもちしたタピオカの大旋風からわかるように、“食感”は大ヒットの鍵に。東京には専門店もでき始めていて、休日には行列になることも。豆乳ベースなので、ダイエット食にもなるこのスープ。作り方もカンタンなので自宅でも楽しめます。女子ウケする要素満載です!


【プロフィール】

くどうみやこ/トレンドや時流をとらえた独自の視点で情報を発信。NHKラジオ『NHKジャーナル』ほか、多数のメディアで活躍中。


◆節約アドバイザー・丸山晴美さん


 楽天モバイルが“第4のキャリア”としてスマホ業界に参入し、2020年3月まで5000人限定で無料サポータープログラムを実施しています。


 回線がまだ不安定との報告も多数見受けられますが、通信環境が整えば、楽天ユーザーにとっては格安SIMに続いて大手キャリアとしての乗り換えが増えるでしょう。


 料金設定はまだ発表されていませんが、楽天サイドは「価格破壊を起こす!」と宣言していますから、通信料の安さは期待できそうです。特に、楽天会員には、かなりお得になると思いますよ。


【プロフィール】

丸山晴美/ファイナンシャルプランナーの資格も持つ。自身の経験をもとにした、初心者にもわかりやすい節約術に定評がある。『50代から知っておきたい!年金生活の不安、解消します』(幻冬舎)など著書多数。


◆「ポイ探」代表取締役・菊地崇仁さん


 消費税率引き上げに伴って始まったキャッシュレス・ポイント還元事業が6月で終了し、9月からスタート予定なのが「マイナポイント」。


 国が付与するマイナンバーカードのポイントプログラムで、還元率は類を見ない高さの25%! マイナンバーカードとSuicaなどの電子マネーをひもづけておけば、電子マネーへのチャージか決済で25%のポイントが付く仕組み。そのポイントは買い物で利用できます。マイナンバーカードの申請が必要で手間がかかりますが、お得なのは間違いなし。


 この機会にマイナンバーカードを作ってみてはいかがですか?


【プロフィール】

菊地崇仁/クレジットカードを約80枚保有し、お得な使い方を研究。電子マネーなどのポイントにも精通する。


※女性セブン2020年1月16・23日号

NEWSポストセブン

「楽天モバイル」をもっと詳しく

「楽天モバイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ