税金に怒る富裕層の声「税金を取られても必要な時に何も支援がない。罰ゲームですか」

1月8日(金)17時30分 キャリコネニュース

どうしたら「公平」になるのか

年収1000万円以上は富裕層などと呼ばれる反面、高額納税者として各種税金の支払いで強いられる負担も大きい。神奈川県の30代男性(IT・通信系/年収1300万円台)は「多く税金を支払っているのにも関わらず、ありとあらゆる公的サービスで不利な扱いを受けています。その時点で損をしているのに、扱いまで悪いのは二重苦です」と前置きした上で、

「『高所得者からたくさん税金を取れば良い』という論調は理解ができません。それを言う人は、同じだけの努力をしているのかとも感じます。税制面だけでいうと、さぼった人の方が得をする制度だと感じますね」

という声を寄せている。大阪府の30代男性(金融・保険系/年収1000万円台)も「高い税率で税金を納めているのに、所得制限ばかりで何も恩恵がない」と切り出し、高額納税者を批判する世間の論調に異を唱える一人だ。(文:鹿賀大資)

「所得格差で逆差別されてばかりでうんざり」

男性は現在の家庭環境について「家族の健康面が優れず、他の家より医療費がかかっている。それに加えて相続税と奨学金のダブル借金も抱えている」と説明する。こうした事情により、年収1000万円台でも生活は厳しく「ほとんど外食や旅行もできない」という。

「それなのに、私たち家族が『厳しい』と言おうもんなら、世間からは『お金の使い方が悪い』と言われる。それなら収入の低い人は『働き方が悪いんじゃないか?』と思ってしまう。つまり努力の差だとも思っており、そんな所得格差で逆差別されてばかりだから、うんざりする」

「努力をしてこなかった人に言われたくはありません」

神奈川県の40代男性(専門コンサル系/年収1500万円台)も「毎月税金だけで一般的なサラリーマンの月収分を引かれています。それなのに扶養控除もなく、子どもの学費の補助も一切ない有様です」と綴った上で、

「世の一般家庭の人は『高収入の人から税金を多く取れば良い』と言いますが、人一倍努力をしたからこそ勝ち得た収入です。努力をしてこなかった人に言われたくはありません」

と怒りを募らせる。また「どうしても高収入者が割を食うのは事実だと思います。こんな政治なら、高収入を稼ぐハイスペックな人々は海外に出てしまいますよ」とも述べていた。

ほかにも、

「税金や社会保険料が高すぎる上、高校無償化の対象外。それに大学の奨学金も対象外なので、息子を大学に通わせられる自信がない。苦労して収入を上げて、税金を取られるだけ取られて、必要な時に何も支援がない。これは何の罰ゲームですか?と日々感じている」(40代男性/埼玉県/IT・通信系/年収1000万円台)

といった声が寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収500万円の男性、税金に怒り「毎月9万円近く引かれる」
世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」

キャリコネニュース

「富裕層」をもっと詳しく

「富裕層」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ