整形だけじゃない!韓国の最新・審美治療事情に迫る

1月8日(水)11時0分 ココカラネクスト

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 韓国では、日本と比べて美容整形へのハードルがかなり低いです。家族や友人など身近な人が整形するということも珍しくはありません。

また、歯並びや歯の色をきれいにすることも重要視されており、歯に対しての意識はアメリカと同じくらい高めであるといえます。

歯並びや歯のお色をキレイに整えることは、一定以上の家庭に生まれ育ったことを表すステータスと考えられています。

反対に韓国の方からすると、特に金銭的に困っていない日本人が黄ばんだ歯や銀歯で普通に生活していることが不思議に感じるのだそうです。

今回は、そんな韓国の審美歯科事情について、韓国アイドルを例にみながら詳しく解説していきたいと思います。

韓国の歯並び矯正事情


韓国ではアメリカと同様に、歯並びが悪い状態をそのままにしておくことは「だらしない印象」「自己管理ができていないイメージ」と、とらえられることが多いようです。

就職活動の際などは、「面接時に歯並びが悪いと非常に不利になる」と言われることも少なくなありません。

出っ歯や口ゴボ・ガミースマイルといった歯並びは、高校生や大学生までに歯列矯正で治すことが一般的です。

就職に大きく影響を与えることもあるため、子どものうちに親が対処するということが当たり前となっています。

日本に比べてアイドルも八重歯は少ない

例えば日本のアイドルの場合、「八重歯が可愛らしい」と言われることがよくあります。一方で、韓国のアイドルや歌手をみてみると、八重歯が残っている人はとても少ないように思います。

日本の場合、「あえて八重歯をそのままにすることで、幼さを残す」ことが可愛らしいという考え方が根強くありますが、韓国では日本に比べるとアイドルや歌手の方も「歯並びをキレイに治す」ことが多いようです。

このようにお隣の国でありながらも、歯並びに対する考え方にはかなり違いがあることが分かります。

韓国では虫歯予防への意識も高い

歯並びだけでなく、韓国では日本よりも食後の歯磨きが徹底されています。

「食べたら歯磨きをする」ということが、子どもの頃に親からきちんとしつけられていて、知らず知らずのうちに歯に対しての意識や関心がすりこまれているのです。

また、韓国料理には多くの香辛料が使われています。

具体的に挙げると、唐辛子やにんにく、ねぎやごま油、しょうゆなど匂いが強く歯に着色が付きやすいものを多用しています。

これらはステインや黄ばみになりやすく、歯磨きをすることで予防することにつながります。

加えて、韓国ではむし歯治療は自費で行われることが多く、1本の治療で2〜3万円かかることもあります。

むし歯をつくらないために、学校や会社で食後に歯磨きをすることが当たり前の習慣として根づいているのですね。

韓国の芸能人の審美歯科治療

韓国のアイドルや歌手・芸能人の方は、歯並びが美しく整っているだけでなく歯のお色も少し目立つくらいの白さにしていることが多いです。

特に、セラミック矯正で歯並びと歯の白さを治療している方が多く見受けられます。

セラミック矯正では、歯並びと同時に歯の白さ・大きさ・形もお顔に合わせて治療することができます。例えば小さいお顔に合わせて歯のサイズを小さくしたり、可愛らしい印象にするために前歯を丸みを帯びた形に仕上げることができます。

韓国の芸能人の方も、キャラクターや年齢に合わせて歯の白さや大きさ・形をきめ細かく調整していることが多く見受けられます。

TWICEのメンバーも白く輝く歯が魅力的

例えば、いま日本でも大人気の韓国アイドルグループ「TWICE」のメンバーの方たち。

皆さんはじける笑顔から見える白い歯がとても魅力的です。

アイドルの方の場合、セラミック治療によって前歯をホワイトニング以上の白さに仕上げることが多いです。ステージやTV際に映える白さに仕上げることで、より一層笑顔が明るく爽やかに見えます。

また、セラミック治療とホワイトニングを併用して、お口もと全体を明るい白さに仕上げることが多いといえます。

韓国で審美治療を受ける日本人が増えている?

近ごろでは、セラミック治療などの審美歯科治療を韓国で受ける日本人が増えています。

その理由としては、日本の相場よりも低価格で治療を受けることができるからと考えられます。

日本では、セラミックが1本10万円前後とされていますが、韓国では5万円前後となっています。

ただし、セラミック自体は1本5万円と謳っておきながら、治療料金やその他の費用(仮歯や土台の料金)を含めると1本10万円になるというケースもあります。

治療にかかる全体の費用がいくらになるのかをきちんと確認する必要があります。

ニュアンスの違いやメンテナンスの不便さに要注意

韓国のクリニックの場合、日本語が通じないこともあり、細かな要望や微妙なニュアンスの違いが生まれてしまうことがあります。

また、最も重要なのがメンテナンスに気軽に通えないことです。セラミック治療の場合、半年に一度ほど定期健診に通うことでキレイな口もとをキープするのが一般的です。

海外で治療を受けると、このメンテナンスを受けることが難しくなります。また、万が一治療後に被せ物が取れてしまったり、治療後の歯に不満がある場合にも気軽に通院することができません。

これらの理由から、長期的に美しいお口もとをキープするために、国内で信頼できる審美歯科を選ぶことをおすすめします。

まとめ

今回は、意外と知らない韓国の審美治療事情についてご紹介しました。韓国のアイドルや芸能人の方には、日本の芸能人とはまた違った魅力があります。

「韓国アイドルのようなキレイな歯並びにしたい!」「透明感のある白い歯を手に入れたい」ホワイトホワイトでは、韓国のアイドルや芸能人の方のようなお口もとをご希望される患者さまが多くいらっしゃいます。

理想とされるお口もとのお写真をドクターに確認してもらいながら、微妙な形・大きさ・歯並びを整えることも可能です。

無料LINE相談や無料写メ相談も実施しておりますので、理想とされるお口もとについてお気軽にご相談ください。

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

監修:石井先生
店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ココカラネクスト

「整形」をもっと詳しく

「整形」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ