現金払い不可、かけラーメンのみ - 革新的すぎるラーメン屋に行ってきた

1月9日(木)7時55分 マイナビニュース

ある日、編集部の食ツウな上司から「蒲田で、すげぇラーメン屋を見つけたから行ってみてよ」と声をかけられた。何が"すげぇ"のかというと、ラーメン屋なのに"現金不可"、しかもメニューは"かけラーメンのみ"だというのだ。ラーメン屋の会計で電子マネーを使ったことがないし、"かけラーメン"というものを食したこともない。たしかに"すげぇ"。面白そうだったので、さっそく蒲田に駆けつけた。

○絶対、電子マネーが使えなさそうな店構えなのに……

蒲田の駅前商店街を進んで小路に入ると、スナックや居酒屋がひしめく古き良き昭和風情たっぷりの飲み屋通りに行きつく。実は、この辺りには行列のできるラーメン店も数軒あり、ラーメンファンにはわりと馴染み深い場所だったりする。そんな一角に「メニューはかけラーメンのみ、現金不可」と書かれた手書き看板を発見。ここが、目当ての一軒「かけラーメン まさ屋」だ。

手書きで温かみのある看板、うなぎの寝床的なこじんまりとした細い店内、カウンターのみの立ち食いスタイル……お店を一見すると、"現金不可"というか"現金のみ可"な雰囲気。しかし、お店の入り口には電子マネーやクレジットなどに使う端末が置かれていた。入店したら先払いするのがルール。「一番スタンダードなやつで……」と店長さんに伝え、PASMOでお金を払った。新鮮だ。

カウンターの目の前には、大きなホワイトボードがあり、そこにはデカ文字で

先払いでお願いします
うちのらーめんは具無しです
電子マネー・クレジットカードのみ
現金使えません
うちはほぼ立食いです(すいません)

と書かれている。わかりやすい。手書き文字から店長さんの優しい人柄がひしひしと伝わってくる。なんかいい。"完全キャッシュレス"という先進的なシステムとのギャップもまたいい。ちなみに、オープンは2019年10月でまだまだ新店。
○450円のかけラーメンは値段を上回る満足感

メニューは店前の看板にも書かれていた通り、「かけラーメンのみ」なのだが、麺はお店オリジナルの太麺「A麺」と、中太タイプの「B麺」がある。あとはボリュームが200g、300g、400gと選べるほか、生卵は1個50円。価格は450円〜と、かなり良心的だ。かけそばのように、サクッと一杯すするのもいいだろう。

と、メニューが書かれたホワイトボードを読み込んでいると、ほんの数分で「かけラーメン」が到着。注文した"一番スタンダード"なこちらは、A麺200g(450円)だ。

プラスチックの丼ぶりに、どさっと盛られた麺、その上にトウガラシ、脇にニンニクが添えられた実にシンプルな一杯。まさしく"かけラーメン"! ささっとかき混ぜて食べると、まず驚いたのが麺のうまさ。こだわりの自家製麺だけあってもちもちツルツルのハイクオリティなのだ。スープはとんこつ醤油の二郎風。これまた味に深みがありながらも、さらっと食べ進められるあっさり味で美味だった。

一気に麺を食べ終えると、店長さんから「ごはんひとかきサービスなんですが、いかがですか?」の声がけが。「お願いします」と言ってスープだけになった丼を渡すと、ジャーからご飯を"ひとかき"投入してくれた。これがまた格別にうまい。ふたかきめがほしくなるぐらいに。

あっという間に食べ終わったのだが、ボリュームもあるしうまいし……正直、450円という安価をいい意味で思いっきり裏切ってくれる大満足の一杯だった。
○ヤングな店長ひろきさん(24歳)の努力に脱帽

もうひとつ驚きなのが、お店をひとりで切り盛りする超ヤングな店長ひろきさんの存在。なんと、大学を卒業してからまだ間もない24歳だという。どんな経緯でお店を始められたのか聞いてみると、もともとラーメン好きだったひろきさんは、別の飲食店も経営するオーナーさんと知り合い、互いのラーメン熱が相まってお店を任せられる運びになったのだという。

しかし、飲食経験は学生時代のアルバイトぐらいだったというひろきさん。しかも、お店に立つのは自分ひとり。それでもお店をまわすことができるように導入したのが"現金不可"の支払システムだったそう。

「お客さんとのお金のやり取りはすごく時間をとられますので"完全キャッシュレス"にしました。たまに『現金使えないんだ』と引き返す方もいますが、ほとんどの方がスムーズに支払いを済ませてくれます。お金に手を触れないので衛生的にもいいですし、機械も小さいから場所をとらないし、ホント便利ですよ」

また、オンリーメニューの"かけラーメン"については、"より気軽にラーメンを楽しめるように"との想いでオープン前から考えていたメニュー案だったそうだが、複雑な調理が不要なシンプルさも、ひとりで切り盛りするうえでは欠かせない。ただ、その代わりにスープの仕込みにはかなり時間をかけているそうで、毎日深夜2〜3時までお店で仕込みに精を出しているそう。通りで美味しいわけだ。

今後のビジョンについても「家でも楽しんでもらえるように、お弁当を販売しているんですよ。お店では"かけ"スタイルですが、家では好きな具材をのせることもできます。自分なりのアレンジラーメンをSNSに投稿してくれるお客さんもいるんですよ。ゆくゆくは通信販売も始めて、もっといろんな人に味わってもらえると嬉しいですね」とのこと。

最後に「ぶっちゃけ、未経験でひとり営業って大変じゃないですか?」と聞いてみたら、「いやいや、楽しいですよ。お客さんに美味しいって言ってもらえるのはすごく嬉しいですし、いろんな方とお話をするのもすごく楽しい。充実してます」と、満面の笑顔で話してくれた。

"現金払い不可"も、"かけラーメン"も、ほかのお店にない斬新な試みの数々はすべて、若い店長さんの柔軟な発想が反映されたもの。やっぱり"すげぇ"ラーメン屋さんでした。

●Information
「まさ屋」
東京都大田区西蒲田7-63-1

マイナビニュース

「ラーメン」をもっと詳しく

「ラーメン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ