日本の四季を感じながら爪を癒やす 美容液ネイル

1月10日(木)15時20分 J-CASTニュース

日本の四季を感じながら爪をケアする美容液ネイル

写真を拡大

京都・和コスメブランドkyomiori(京都市)は、爪を癒やす美容液ネイル「四季彩まといネイル」を2019年1月11日に発売する。


日本最古の絵具商10代目が色を監修


日本の四季をイメージした色を楽しみながら、爪もケアできる美容液ネイル。発表資料によると、爪に優しい水性ネイルを1歩進めて、ケアする成分を積極的にプラスした。また、豊かな日本の四季を表現する色は、京都にある日本最古の絵具商10代目を務めた石田結実が監修している。


色名も日本の情緒を意識し、春の色(今様色・雪の果・つぼみほころぶ・風光る)、夏の色(うすごろも・夕立の雲・夏あざみ・あじさいに露)、秋の色(逢瀬心・とこしえに・珈琲ゼリー・べっこうあめ)、冬の色(夜の衣・黒髪に星・冬の水・吐息紅)の全16色をラインアップした。肌なじみの良いベーシックなカラーからアクセントになるカラーまで、日本の四季を感じながら幅広いシーンで使用できる。



また、爪を健康的にキープする5つの美容成分(加水分解コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解ケラチン・加水分解シルク・イノンド種子エキス)を配合。保湿プラス補修を行うことで、色彩を楽しみながらネイルケアもできる。さらに、通気性と通水性のある爪に優しい成分を配合しているので、アセトン系除光液は不要。消毒アルコールなどでオフ可能だ。刺激臭のある有機溶剤も含んでおらず、ツーンとした臭いがない。


その他、ジェルネイルをしている人の爪休め期間のカラーリングと保護はもちろん、頻繁にカラーを変えられないジェルネイルの上からの塗布も可能で、アルコールを使用することでジェルネイルをキープしたまま同製品のみを除去できる(ジェルネイルによっては使用できない場合もある)。



同社店舗、オンラインショップ、全国のバラエティーショップなどで取り扱う。


内容量8.5ミリリットル、価格は900円(税別)。

J-CASTニュース

「ネイル」をもっと詳しく

「ネイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ