ノルウェーで16歳未満の交通事故死亡者が昨年ついにゼロとなった件

1月11日(土)16時30分 カラパイア

cover_e1
image credit:norge/Instagram

 日本の国土面積と似たサイズの北欧ノルウェー。全人口に関しては、日本の北海道(約530万人)に近いおよそ533万人と推定されている。

 そのノルウェーが去年、「16歳未満の交通事故死亡者がゼロ」という快挙を遂げた。この事実に、ノルウェー行動管理局側は喜びを露わにしており、ニュースが海外掲示板Redditでシェアされると大反響を呼んだ。
・ノルウェーで16歳未満の交通事故死亡者がゼロの快挙を達成

 全人口およそ533万人のノルウェーでは、2019年、16歳未満の交通事故による死者がゼロとなった。これは、ノルウェーにとって初の快挙である。


 地元メディアによると、約50年前の1970年には全体で560人が交通事故で命を落としており、そのうち子供は101人もいたという。

 ちなみに、2010年〜2019年までの子供の交通事故死亡者は下記の通り。

2019年 0人
2018年 1人
2017年 4人
2016年 2人
2015年 3人
2014年 5人
2013年 5人
2012年 4人
2011年 7人
2010年 5人


・Redditで大反響を呼ぶ

 これについては、Redditで投稿がシェアされ、大反響を呼んだ。

・知る必要があったかどうかはわからんが、知って良かったかな。
→・ようやく良いニュースを聞いたね。
 →・本当に。ノルウェーのみんな、おめでとう!他の何よりも安全を重視したってことだよね。国民の努力には感心させられるよ。

・信じられないぐらいすごい。どうやってゼロに達成できたんだろう。
→・スピード制限
 ・安全への意識
 ・ドライバーへの教育
 ・安全で良い装備
 ・少しの幸運
 
・ついに、子供が運転することを禁じたのかな。

・子供の事故者数がやたら低いけど、それって単に現代の自動車の安全性が一般的に改良されたってだけのことじゃないの?
→・まぁ、人口自体が少ないっていうのもあるんじゃないかな。
 →・そうだよね。人口密度がとても低く、交通機関がまともで、車を購入する前払い費用がとんでもなく高いとなると、事故はあまり起こらないんじゃない?
  →・車よりも歩いたり自転車や電車に乗ったりするのを好む人が多いんじゃない?それで人口も少ないからだよ、きっと。

・自分はノルウェー人だけど、一般的にスピード制限は守って走る人が多いよ。車の数もそれほど多くないっていうのもあるけど。(人口全体はロンドンと同じぐらいかな)運転試験も氷上の実施を含めてすごく徹底しているし、自分の国での交通事故死亡者が少ないことは、そんなに驚くことでもないかな。

・ノルウェーでの運転経験からいうと、道路もドライバーも素晴らしいと思う。誰も車の後ろにピタリとついて運転したりしないしね。

・よくやった、ノルウェー!ちなみに、私の国スウェーデンは0歳〜14歳未満の去年の交通事故死亡者は2人だったよ。ノルウェーに近付いているよ!
→スウェーデンはノルウェーの2倍ほどの人口だから、比較するのは公平ではない気が…。

・スカンジナビア諸国には、最高のチャイルドシートに関する法律や慣行があるからね。特に4歳になるまでは、子供は後部座席でチャイルドシートの上に後ろ向きに座ることを義務付けられているんだよ。これが、深刻な怪我や死亡のリスクを避ける大きな原因の1つになっていると思う。

・タイトル見て、「へぇ、すごい!」って思ったけど、大人の事故死亡者数はどうなのかな?

car-1865856_640_e
3844328/pixabay

・子供については快挙、しかし大人の事故死亡者数は…

 ノルウェーでは、1970年以降の事故死亡者数が減少していると語るのは、ノルウェー行動管理局のイングリッド・ダール・ホヴランド管理局長だ。

2019年の、子供の交通事故死亡者数ゼロという快挙を達成できたこと、つまりは車による事故から子供たちを守れたことをとても嬉しく思います。

しかし、同時に大人の事故死亡者数も減少してほしいという願いももちろんあります。

死亡事故の分析では、事故による死者の33%がシートベルトを装着していなかったことが原因です。シートベルトを着用していれば、命を救えた可能性が十分あるのです。

 同管理局長いわく、過去3年間、ノルウェー国内の交通事故死亡者数は、106〜110人となっており、16歳未満の子供の死亡者数と比べて減少しておらず、2018年は108人の交通事故死亡者が出たのに対し、2019年は2人多い110人だったようだ。


 しかも、冬にはより事故死亡者数が増え、2018年12月には6人だったのが2019年12月には14人が路上で命を落としている他、2019年は大型車による事故や、25〜44歳の男性の事故死亡者数が女性よりもはるかに多い(71%)ことが判明している。

 2019年に良かったことは、子供の事故死亡者数ゼロという快挙にくわえて、電動機付き自転車(モペット)での事故件数がゼロだったことだそうだ。

seat-belt-4227630_640_e
cfarnsworth/pixabay

・子供を車の事故から守る5つのベストな方法

 ノルウェーの交通安全局では、子供を車の事故から守る方法を紹介している。その5つは次の通り。

・シートベルトを正しく装着させる。

・シートベルトが腹部より上もしくは腕の下にないか、また使用方法を誤っていないか確認する。

・子供のシートベルトがしっかりと装着されているか頻繁に確認する。

・厚手の上着は脱がせてシートベルトを装着させる。

・携帯電話やタブレットなどを、座席の邪魔になるような場所に置かないようにする。

traffic-4104005_640_e
Santa3/pixabay

 ちなみに、日本の警察庁の統計によると、2019年の日本での交通事故死亡者数は前年よりも減少しており、3215人だったという。

 また、人口10万人あたりの年代別死傷事故の割合でみると、日本は小学生に続いて高齢者が多いことが判明している。

 人口の多い日本と比較すると、ノルウェーの事故者数が少ないのは当然ではあるが、日本は年々交通事故者数が減少しているという事実がある。

 ノルウェーでは、大人の交通事故死亡者数については過去3年同じ数値のままであることから、ノルウェー管理局側では引き続き全国の交通事故死亡者数の減少に努めるよう警告を促していくということだ。

References:nrk.noなど / written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「ノルウェー」をもっと詳しく

「ノルウェー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ