泊まれる本屋が"お酒の飲める" 泊まれる本屋に 「BOOK AND BED TOKYO」がリニューアル

2017年1月12日(木)11時32分 BIGLOBEニュース編集部

BOOK AND BED TOKYO(C) R-STORE

写真を拡大

東京・池袋にある泊まれる本屋をコンセプトにした宿泊施設『BOOK AND BED TOKYO』が、“お酒の飲める”泊まれる本屋として1月21日にリニューアルオープンする。


リニューアルした『BOOK AND BED TOKYO』では、バースペース「BOOK AND BED AND BAR」で宿泊者向けにアルコールを販売。読書をしながら寝落ちしてしまう幸せな体験はそのままに、アルコールも楽しむことができる空間へと進化する。また、宿泊せずに『BOOK AND BED TOKYO』の空間を気軽に楽しめる「デイタイムプラン」も同日から利用することができる。


『BOOK AND BED TOKYO』は、泊まれる本屋がコンセプトのホステルとして昨年11月にオープン。東京の新しいカルチャーとして海外メディアでも紹介され、12月には京都に2号店を出店している。


■リニューアル前の「BOOK AND BED TOKYO」

BOOK AND BED TOKYO


BOOK AND BED TOKYO


(C)R-STORE
(C)R-STORE 2015

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「BOOK AND BED TOKYO」をもっと詳しく

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ