タイの男性器美白に衝撃 「黒光り神話」崩壊?

1月12日(金)8時58分 STANDBY


1月9日、タイで男性器の「美白」が流行しており、施術を行う医療機関に月100人近くの男性が殺到していることが伝えられ、ネットをざわつかせている。

「AFP通信」によれば、首都バンコクで体のホワイトニングを専門とすることで有名なレラックス・ホスピタル(Lelux Hospital)では、ある男性患者から局部の「黒ずみ」に関する相談を受けたことがきっかけで、半年ほど前から男性器への施術も始めたのだという。

同院の皮膚・レーザー科の責任者は、AFPの取材に「最近は多くの人から問い合わせがあり、日に3〜4人、月に100人近くが来院している」と語っている。施術の費用は5回で約650ドル(約7万4000円)かかるとのこと。

また「BBCニュース」によると、タイの公衆衛生省は「陰茎の美白は必要ない(Penis whitening is not necessary)」とコメントしたうえで、痛みや炎症、傷跡などの副作用の可能性 、さらには生殖器系や性行為への影響を警告。施術をやめれば肌の色が元に戻り 、「見るも不快な 斑点(nasty-looking spots)」が生じる可能性があるようだ。

同院のポポル・タンサクル氏は、「陰部を重んじる同性愛者とトランスベスタイト(女装者)の間で人気がある。彼らはすべてにおいて美しくなりたい(原文:They are popular among gay men and transvestites who take good care of their private parts. They want to look good in all areas)」と分析している。

Twitterでは、

“マジか…アメージングタイランドだわ…。”
“美意識高いな。オシャレは下半身から始まるのか。”
“困惑。チン子も美白の時代なのかしら。みんな美チンになりたいのかな。でも白すぎると未使用っぽくない?”

と驚きの声が相次いでいるほか、

“どす黒い方が年季が入ってて性能が良いという神話は廃れたのか。”
“マジかよ。黒は強さの象徴だと思ってた。おっさん古いの?”
“男性器は初耳やし黒さがある意味ステータスなとこない?なかったっけ?”
“いや〜。黒光りしている感じの方が,男らしいと思うけど(^_^)”

と黒色神話が崩壊したとの声も少なくない。

女性器や乳輪の黒ずみを美白するといったことはあるようだが、少なくともタイにおいて、その波は男性器にまで及びつつあるようだ。
(山中一生)

■関連リンク
「男性器の美白」が話題、ネットでは困惑の声も タイ
http://www.afpbb.com/articles/-/3157821

Thai penis whitening trend raises eyebrows
http://www.bbc.com/news/world-asia-42575155

レラックス・ホスピタル
http://lelux.co.th/en/home-en/

STANDBY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

タイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ