イラン誤射 ウクライナ機撃墜で懸念高まる「報復連鎖」危機

1月13日(月)21時0分 ココカラネクスト

 イランの首都テヘランでウクライナ国際航空の旅客機(ボーイング737型機)が墜落した事故をめぐり、イランが一転して誤射を認めた。ウクライナ機を米軍の巡航ミサイルと誤認し、ミサイルで撃墜したという。イランを敵視するトランプ米大統領はさらなる軍事力行使を否定し、経済制裁で矛を収めているが、イランの今後の動きによっては報復の応酬となる危険がある。

「イランの地対空ミサイルが同機を撃墜したことを示す証拠がある」


 問題のウクライナ機は8日、ウクライナの首都キエフに向かってテヘランの空港を離陸した直後に墜落。乗員乗客176人全員が死亡し、犠牲者はイラン人82人、カナダ人63人、ウクライナ人11人の順で多かった。カナダのトルドー首相は会見で「イランの地対空ミサイルが同機を撃墜したことを示す証拠がある」と明言。英国のジョンソン首相も同様の見解を示していた。

一方、米ニューズウィーク誌も米国防総省当局者や情報当局者らの話として、ロシア製の地対空ミサイルシステムによって撃ち落とされた可能性が高いと報道。米CBSテレビによると、米国の衛星が2発の地対空ミサイルが発射されたことを探知。直後にウクライナ機が爆発したという。墜落現場近くで見つかったとされるロシア製地対空ミサイルの部品の写真がネット上に出回っていた。国際社会に状況証拠を並べられ、イランは誤射を認めざるを得なくなった格好だ。しかし、これでコトが収まるかは不透明だ。米国とイランの対立によって緊張が高まる中東情勢は予断を許さない。

報復の連鎖となっていくのか・・・

 「ウクライナ機撃墜をめぐっては、最高指導者のハメネイ師もロハニ大統領も誤射を認めています。しかし、米軍によって革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害されたことを背景に上げている。誤射が発生したのは、報復として米軍が駐留するイラク国内の基地に向けてミサイル攻撃をした約5時間後。イランの対空防衛システムは米軍の反撃に備えて警戒中で、人的ミスにより誤射したとしていることから、米軍に責任の一端があるという立場なのです。ハメネイ師は〈この地域は米国の存在を容認することはない〉と米軍撤収を要求していて、直属の革命防衛隊は今後もさまざまな攻撃を仕掛ける可能性がある。彼らは非正規の作戦を担っているので、親イランの武装組織のテロに見せかけることも考えられます」(中東情勢に詳しいジャーナリスト)

トランプ大統領の頭の中は今年11月の大統領選での再選でいっぱいだ。イラン問題で追い込まれるような事態になれば、「強い米国」で支持率を維持している手前、黙ってはいられなくなる。報復の連鎖となっていくのか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「イラン」をもっと詳しく

「イラン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ