【生きてすらいない】中国の動物園で「風船のペンギン」が展示されて物議を呼ぶ / 他の動物もひどくて即閉園!

1月13日(土)11時45分 Pouch[ポーチ]

中国の楡林市(ゆりんし)に、この地では初となる動物園「Guishan Zoo」がオープン。広告には「珍しい動物に会える」だとか、「子供たちが野生動物について学ぶことができる」だとか書かれていたそうなのですが……。

ふたを開けてみればビックリ! なんと動物園にいたのは狭い檻の中に入れられたガチョウ数羽に、お賽銭と一緒に透明な箱に入れられた1匹のカメ、さらにはニワトリなど。

百歩譲ってここまでは良しとしましょう。もっと驚くのは “ペンギンの展示コーナー” で、そこには本物のペンギンは1羽もおらず、風船でできたおもちゃのペンギンが無造作に置かれていたのだとか……!

【たちまちネットで話題に】
宣伝用ポスターには、ペンギンや孔雀などの絵が描かれていたのだそう。しかし実際にはペンギンの姿はなかったようで、中国版ツイッター「Weibo」には様々なコメントが集まっています。

「こんなの動物園って呼べる?」

「笑えるけど、チケット買った人は怒っちゃうだろうな」

「その動物が見たかったら市場にでも行った方がいいだろうな。タダだし」

といった具合に、困惑をあらわにしたり、面白おかしくイジったりする人々が続々。

ちなみに、動物園の入場料金は約260円。安いので笑って許せるっちゃ許せるけれど、動物園なのに堂々と偽物を展示するというハートの強さには度肝を抜かれてしまいます。そしてペンギン以外の展示の仕方も、ことごとくエキセントリックすぎるっ。

【しばらくして閉鎖されちゃったんだって】
「South China Morning Post」によると、動物園はその後まもなく閉鎖されてしまった模様。

匿名の動物園オーナーの話によれば、「展示は契約者が行ったもので、公開されるまで風船の動物がいるだなんて知らなかった」とのことですが、ひょっとすると、批判の声が多数寄せられた結果クローズすることになってしまったのかもしれません。

【なんと! この動物園だけじゃなかった!?】
ちなみに中国にはこの動物園以外にも、風船でできたペンギンを展示したり、「野生動物園」と銘打っておきながらプードルやペット用のブタを展示したりする動物園があったのだとか……。

なんというか、それで「イケる!」と思ったところに、一周回って感心しちゃいました。改めて、心が強すぎるうううう!!

参照元:Weibo、South China Morning Post
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Pouch[ポーチ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ