ネット婚活でアラフォー女性が20代に勝つ方法

1月14日(日)21時15分 All About

自宅から手軽に始められるネット婚活は、今や世代を問わず婚活市場の主軸といってもいいほど人気があり、登録者は増加する一方。

写真を拡大

条件のキャパを広げ、マッチングされる確率を上げよう

自宅から手軽に始められるネット婚活は、今や世代を問わず婚活市場の主軸といってもいいほど人気があり、登録者は増加する一方。アラフォー女性が20代女子に負けずいい人に出会うためには、どのようにすればいいのでしょうか。

一言でいえば、ネットだからといって、その市場はリアルとなんら変わりがありません。コミュニケーションが上手で、マメで、高収入で、スタイルのいいイケメン男性がモテるのは当然のこと。女性は、美しく、女らしく、あまり遊び過ぎていない雰囲気の20代が一番モテます。

だからといって、もう若いとはいえないアラフォーの女性がモテないわけではありません。

婚活サイト特有なものといえば、マッチング機能。ほとんどの婚活サイトで実装されています。当たり前ですが、条件を厳しくするほどマッチする数が減り、ゆるくするほどアップするので、相手の条件面を「総合的によければ、ここは譲る」レベルの条件に留めること。

サイトによっては「マッチング率(相性)高めな男女」双方にお知らせ(おすすめ)する親切な機能もあるので、これも条件がゆるいほうが有利。お知らせ機能があるサイトにおいても、あなたを知ってアプローチをしてくる男性の数は、条件をゆるくするほど増加します。毎日多数のメールが届いて困るレベルになってから、条件を絞るようにしても遅くはないはず。

そして、まずは登録した婚活サイトで、「自分はどんなタイプの男性にモテる」かを把握しておきましょう。

アラフォー女性を好む男性は、どの世代にも存在する

私(48歳)が婚活サイトに1年間潜入(登録)してわかったのは、アラフォー以上の女性まで圏内(上限50歳以上、もしくは不問)という男性は、どの年代にも一定数いるということ。

リアルにデートまで実現した男性たちにインタビューしたところ、ほぼ全員が「気が合えば(あるいは好みなら)年齢は関係ない」とのこと。「同世代の若い子とは話が合わない」「昔から年上しか好きじゃない」という“アラフォーがストライクゾーン”というアラサー男子もいました。

アラフォー女性とマッチングされる男性が幅広い年代にいるならば、リアルな出会いまで誘導できるかは自分次第。相性やあなた自身の好みも含め、前向きに取り組みましょう。

続けて、相手の世代別にアラフォー女性向きな男性のタイプを紹介します。

世代別・アラフォー女性向きな男性とは

条件のみの機械的なマッチングでは、真の相性まではわかりません。吟味せず、マッチングされた女性全員にメールを送ってくる男性もいます。「同じ条件ならば、若い女性のほうがいい」という男性も、その中には含まれます。

ここからが一番の勝負どころ。多くの男性が好む20代の若い女子よりも勝率高めとなるためには、タイプの見極めと接し方がポイントです。

■年下は「恋愛偏差値低め男子」が狙い目

ある程度男性との交際経験があるアラフォー女性ならば、メールのやりとりだけでその男性が女性慣れしているかどうかは推測できるでしょう。

ネット婚活をしている若い男性ほど、実生活における出会いが皆無だったり女性との交際経験が少ない可能性は高いもの。リアルで女性からモテているならば、まだまだ婚活を考える世代ではありません。

恋愛偏差値低めな若い男子はコミュニケーションがあまり上手ではないため、同世代の若い女子にとっては物足りない存在。しかし大人のアラフォー女性ならば、そんな彼を広い心で受け止め育てるだけの許容があるぶん、惹かれ合えば進展は難しくないのです。

■アラフォー同世代は「似た者同士」な男性に注目

アラフォーの男性も、婚活市場においては20代の女子を希望する人が多いもの。その理由は出産を前提としているからですが、10歳以上年下の若い女子から相手にされるかどうかは別。

20代の女子は婚活の場においては売り手市場。そのぶん「高学歴」「高収入」といった条件に見合わなければ、アラフォーの男性は彼女たちからは相手にされません。

ネット婚活をはじめたばかりのうちは高望みするものの、市場における自身の適正価値がわかってくると、男性は「理想より現実」を考えるようになります。

同世代が有利になるのはここから! 年齢が近いだけでなく、育った環境が近い(出身地が同じ、同じ大学出身、兄弟構成が似ている、家柄や生家のレベルが同じ)男性であれば、メールのやりとりだけでも親近感がわき、親しくなるのに時間を要しません。

■年上は「成人した子供のいる」バツイチ男性から選ぼう

結婚歴のあるなしにかかわらず、「男はいくつになっても子供を望める」と信じています。そしてこれから子供を持つならば、おのずと「35歳未満の女性でなければダメだ」と思い込んでいます。そんな夢見るアラフィフ男性は、相手にしないのが一番。

アラフィフからの婚活は、後半の人生を楽しく生きたいから。その中で子供を望まない可能性が高いのは、すでに(元妻との間に)子供がいる男性です。しかし、子供が未成年のうちは養育費で経済状態が思わしくない場合もあるので、すでに子供が成人し独立している相手を選ぶほうが賢明でしょう。

子供さえ望まなければ、アラフィフ以上の男性は世代の離れ過ぎた若い女子よりも、アラフォー女性を好みます。50代から見れば40代でさえ10歳以上年下。若い女性扱いされたり、安心してリードを任せられるのは、年上ならではのメリットでしょう。

アラフォーの女性はヒマではありません。あなたの大切な時間を初対面の男性とのデートに使うのですから「会ってもいい」と思える相手をきっちりフィルタリングすること。若い女子と比べない、オバサン扱いしない、フィーリングの合う男性にめぐりあうためには、スペックだけでジャッジしないことです!
(文:島田 佳奈)

All About

この記事が気に入ったらいいね!しよう

婚活をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ