『サバイバルファミリー』の矢口史靖監督が描く“空の旅”『ハッピーフライト』放送

1月14日(土)11時0分 シネマカフェ

『ハッピーフライト』 -(C) 2008 FUJI TELEVISION, ALTAMIRA PICTURES, TOHO, DENTSU

写真を拡大

田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるかといった豪華キャストを迎え、ホノルル行きのチャーター便が巻き起こす騒動を描く映画『ハッピーフライト』が、1月14日(土)今夜、フジテレビ系「土曜プレミアム」枠で放送される。

『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』『ロボジー』などで知られ、最新作『サバイバルファミリー』の公開を2月11日(土)に控える矢口史靖監督が、涙と笑いと感動の空の旅を描く本作。

舞台は空港とヒコーキ。ある日のホノルル行チャーター便・NH1980に関わる機長昇格を目指す副操縦士・鈴木和博、威圧感バリバリの機長・原田典嘉、国際線デビューの新人CA・斉藤悦子をはじめとしたグランドスタッフ、管制官にオペレーション・コントロール・センター、整備士たち。そして新婚カップル、修学旅行生、ビジネスマン、家族旅行の親子、老夫婦など様々な乗客を乗せて定刻通りに離陸した1980便。このままホノルルまで快適な空の旅のはずだったが、ある出来事をきっかけに…というストーリー。

モデルから俳優に活躍の場を広げ、NHK大河ドラマ「風林火山」や昨秋放送の「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」でも主演し、その幅広い演技力に定評のある田辺さんが副操縦士の鈴木を演じるほか、「ふぞろいの林檎たち」シリーズをはじめ大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」『グッドモーニングショー』など30年以上にわたり数々の作品で活躍する時任さんが機長の原田を、大河ドラマ「八重の桜」『海街diary』『高台家の人々』など数々の作品に主演し、主演最新作『本能寺ホテル』が本日公開された綾瀬さんが斉藤悦子を演じるほか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳らが脇を固める。

旅客機をテーマにした映画というと『フライト・ゲーム』をはじめとしたハイジャックものや『ターミナル』のようなヒューマンストーリーなどを連想するが、本作は旅客機を飛ばすためにその裏側で活躍する大勢のスタッフたちの姿に注目。パイロットやキャビンアテンダントだけではなく、整備士、グランドスタッフ、バードパトロールらプロの面々が描かれ、年間に100人以上の航空関係者に取材を行って脚本を完成させ、思わず「へぇ、そうだったのか!?」とうなずいてしまうような豆知識も多く盛り込まれているという。

白く輝くジャンボジェットに関わる多くの人々をユーモラスに、ドラマティックに描いた土曜プレミアム『ハッピーフライト』は1月14日(土) 21時〜放送。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サバイバルファミリーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ