BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

山の中で、とんでもないものと一夜を過ごした話【ささや怪談】

Jタウンネット1月14日(土)21時0分
画像:Photo by Arvin Asadi, on Flickr
写真を拡大
Photo by Arvin Asadi, on Flickr
画像:Photo by Ben Salter, on Flickr
写真を拡大
Photo by Ben Salter, on Flickr

「狐や狸って、人のことを化かすと思う?」
セイさんが、わたしに問いかけた。
わたしは、考え込んでしまった。


セイさんには、前回、前々回と、猫にまつわる不思議な話を語っていただいた。その際に、もうひとつ思い出した話があった。


ずっと昔の、ある秋のこと。
セイさんの同級生に、Sくんという男の子がいた。
Sくんの家の裏手には、大きな山が広がっていた。
「狐がね、よく出たのよ」
その日も、Sくんは山に出かけた。
晩ごはんの前には帰るつもりだったそうだから、手ぶらである。
「あちこちの樹に目印を付けて登ったらしいけども、わからなくなって」
こんな時は、パニックを起こしてはいけない。自分の足跡を辿って、もと来た道へと引き返していけばいい。
ところが、どんどん先に進んでいくと、あるものが見えたという。
Sくんの欲しいものが、空中にぽっぽっと見えたのだ。
甘くて美味しそうな焼き芋。
続きが気になっていた漫画の本。
すいかに、マスクメロン。
めったに食べられない、バースデー・ケーキ。
「幻覚だって、最初からわかっていたそうよ」
狐か狸の仕業やな、と。
「それが、だんだん遠くに行くから、自然に追っかけて登っていったら」
山の中で、迷子になってしまったのだ。
遭難である。
どうやら、遠くの山まで来てしまったらしい。
ふもとの村の明かりひとつ、見えなくなっていた。
夜の山というのは、大変に怖いところである。真っ暗い闇に、ひとりぼっち。喉はカラカラ、お腹はペコペコ。気温が冷えれば、身体を壊すかもしれない。
それに、どこに何が潜んでいるかわからない。
だが、Sくんは信じていた。朝になれば、家族が迎えに来てくれると。
Sくんは、歩き回るのを止めて、寝る場所を探すことにした。
「で、ほら穴があったから、そこに入って一夜を明かそうとしたのね」
ほら穴は、人の手で作られたものだった。入口は、かつて板で塞がれていたが、すっかり隙間だらけだったという。
Sくんは、近くにあった草を集めて、毛布代わりに敷いた。それから、転がっていた箱を背もたれにして、寝ることにした。
何かが、穴の奥に転がっている気配がした。
「なんかがあるのは、わかっていたって言ってたけど」
気にしなかった。
朝になって、Sくんは大人たちに救助された。
その村の消防団員だけでなく、近隣の村の大人たちも召集されていたそうだ。
「すごい騒ぎになってたのよ」
半鐘が、早朝から鳴っていたという。


「ふしぎな話ですね。狐って、かわいいことをしますね」
わたしは、ほうじ茶を啜りながら、感想を告げた。
狐狸妖怪なんか、もういるはずがない。だから、そういった話に対しては、おとぎ話みたいな浪漫を求めてしまう。それから、心温まるハッピーエンドも。
「まだ、続きがあるの」
セイさんは、続きを語り始めた。


Sくんは、ほら穴に大人たちを案内した。
すると、彼らの顔色が、蒼白になった。
ほら穴は、戦時中の弾薬庫だったのである。
「そうとうたくさん、入ってたらしいよ」
Sくんが背もたれにしていたのは、爆薬が入った箱だった。野ざらしにされた爆薬が、どれだけ不安定なものであるかは、想像にお任せしよう。
やがて、ほら穴の入り口は、鉄板で封印された。大人たちは、最初から弾薬庫の場所を知っていた。だが、爆薬の処理費用は法外で、誰にも負担出来なかったのだという。
Sくんはといえば、事態の深刻さに気付いて、すっかり寝込んでしまった。
彼は、知らず知らずのうちに、生きるか死ぬかの瀬戸際に立っていたのだから。
「まだ、そこはありますか?」
わたしが尋ねると、セイさんは神妙な顔つきになった。
「爆発したわ」
その衝撃波は、ふもとの家々を揺らすほどだったという。



筆者:前田雄大怪談団体「クロイ匣(ハコ)」の主宰者。関西を中心として、マイペースに怪談活動を行っている。https://twitter.com/kaidan_night


Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「怪談」をもっと詳しく

注目ニュース
小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相 tocana6月24日(土)7時0分
がんで闘病中だったフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)が、22日に亡くなった。[ 記事全文 ]
中居正広は“人質”にされた!? 元SMAPメンバー退所の対応で見えてきたジャニーズ事務所の思惑 tocana6月24日(土)8時0分
元SMAPメンバーである香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3名が今年9月の契約満了をもってジャニーズ事務所を退所することが発表された。[ 記事全文 ]
「アレがよかった…」忘れられない男の共通点を調査してみた! 週刊女性PRIME6月11日(日)21時0分
全16項目から複数回答「あのご夫婦、仲いいですよね」なんて評判が立っていても、男女間にはそれなりのしこりや軋轢(あつれき)があるもの。[ 記事全文 ]
【衝撃動画】半分が犬、半分が人間のバケモノが激撮される! 全裸で爆走、遺伝子の突然変異か!? tocana6月23日(金)7時30分
動物に育てられた「野生児」の事例が後を絶たない。最近では、トカナでも報じた「インドでサルと暮らしていた8歳の少女」が記憶に新しいが、この度…[ 記事全文 ]
マックのポテト全サイズ150円、公式アプリに期間中何度でもOKのクーポン。 ナリナリドットコム6月2日(火)14時4分
マクドナルドは、「マックフライポテト」全サイズ150円(税込み)で販売するクーポンを、iOSおよびAndroid向けのアプリで提供している。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 小林麻央さんの訃報情報を垂れ流した井上公造と「親族と名乗る者」に批判殺到! 直撃取材でわかった看過できない真相tocana6月24日(土)7時0分
2 【衝撃動画】半分が犬、半分が人間のバケモノが激撮される! 全裸で爆走、遺伝子の突然変異か!?tocana6月23日(金)7時30分
3 中居正広は“人質”にされた!? 元SMAPメンバー退所の対応で見えてきたジャニーズ事務所の思惑tocana6月24日(土)8時0分
4 「アレがよかった…」忘れられない男の共通点を調査してみた!週刊女性PRIME6月11日(日)21時0分
5 「頭が良くなる」未承認薬、個人輸入を禁止へ読売新聞6月23日(金)9時59分
6 マックのポテト全サイズ150円、公式アプリに期間中何度でもOKのクーポン。ナリナリドットコム6月2日(火)14時4分
7 電池を抜いても勝手に動くし勝手にしゃべる。クリティカルホラーな人形が発見されるってほんとかよ!カラパイア6月20日(火)22時30分
8 セーラー服×縞パン×チラリズム 最強の方程式が形になった水着「セーラービーチウェア」がこの夏の視線を独占しそうねとらぼ6月23日(金)21時20分
9 【緊急レポート】幻の深海魚「ゴーストシャーク」が湘南の海岸に出現か!? 8月までに神奈川で大地震の可能性!!tocana6月19日(月)7時30分
10 “10歳少年の捜索願い”写真が酷すぎると話題にナリナリドットコム6月22日(木)8時44分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア