広島のお雑煮には、カキが入る?入らない? 

1月14日(土)7時6分 Jタウンネット

広島の雑煮は牡蠣入り!?(ivvaさん撮影、flickrより)

写真を拡大

[Jステーション−広島ホームテレビ]2017年1月6日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」で、広島のお雑煮が紹介されました。


「あなたのお家のお雑煮には何が入っていますか?」


番組が県内出身のスタッフやその友人にこんな質問を投げかけたところ、たくさんのお雑煮の写真が集まりました。


そもそもお雑煮の定義って何? ということで、全国のお雑煮を紹介する専門書「お雑煮マニアックス」の著者である、「お雑煮やさん」社長の粕谷浩子さんにお話を伺っていました。


初詣客に聞いてみると...


そのなかで紹介されている広島の雑煮にはカキの姿が。お雑煮マニアックスによると、広島のお雑煮には「丸餅、大根、ニンジン、セリ、カキ」が入っているとのこと。しかし送ってもらった写真には、カキが入ったお雑煮は少なかったような......?


「(カキを)入れるところも結構あるんですよ。講演会をやった時に広島出身の方が参加されていてうちもカキでした、と言っていたので(お雑煮にカキを入れる人も)いらっしゃると思うんですけど様々なのかもしれない」(粕谷さん)


初詣で賑わう広島護国神社でみなさんに聞いてみると、多くの人がカキは入れないと答えましたが、カキを入れるという人もちらほら。70人に調査をした結果、お雑煮にカキが入っていた家庭は70人中8人でした。


食あたりを心配する人が増え、カキの消費量が減少、お雑煮の食材に影響しているのではないかと考えられます。カキは入っていなくても、ハマグリやアナゴ、ぶりなどが入る家庭もありました。


他のお家のお雑煮もぜひ覗いてみたいですね。(ライター:石田こよみ)

Jタウンネット

この記事が気に入ったらいいね!しよう

お雑煮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ