合格祈願の「オクトパス君」製作が最盛期に

1月14日(土)7時59分 Jタウンネット

「オクトパス君」公式サイト

写真を拡大

[OH!バンデス−宮城テレビ]2017年1月6日の放送では、南三陸町で生産されている「合格祈願 オクトパス君」の製作が最盛期を迎えているという話題について放送されました。



南三陸町特産のタコをモチーフとした文鎮「オクトパス君」は、「置く」と試験に「パス」するという語呂合わせから受験の縁起物として作られました。


現在までに9万個を売上


制作を手がける南三陸町入谷にあるYES工房では、スタッフが鉄製の本体に色を塗ったり目を入れるなどの仕上げ作業に追われています。


「オクトパス君」は東日本大震災前からいましたが、震災後に全国的に有名になり、現在までにおよそ9万個を売り上げたということです。


YES工房の大森丈広さんは「『無事合格できました』と報告に遠方から工房まで足を運んでいただくこともあり、文鎮オクトパス君を通じて全国の方々とつながっているのだなと実感しております」と話していました。


注文した受験生の願いに応えられるように、工房では急ピッチで作業が続いています。(ライター:長沢あきこ)

Jタウンネット

この記事が気に入ったらいいね!しよう

南三陸町をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ