キーッ! やっぱり見た目が大事だと思った「5つの出来事」

1月14日(土)11時40分 マイナビウーマン

キーッ! やっぱり見た目が大事だと思った「5つの出来事」

写真を拡大

いい意味でも悪い意味でも、女性にとって「見た目」は重要なキーワードです。合コンでも恋愛でも……そして時には仕事でも!? 「結局見た目なのかも……」と思ってしまうことはありませんか? 20代から30代前半の働く女性たちが、実際に「やっぱり見た目が大事なんだなぁ」と思ってしまったエピソードについて、具体的に教えてもらいました。

■ちやほやされるのはキレイな人
・「結局美人にはみんなやさしいこと」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「見た目がかわいい友達は、あからさまにちやほやされていたから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

女性として人生を歩んできて、やっぱり感じてしまうのが、「顔がいい女性のほうが、圧倒的にちやほやされる!」という事実。どうしようもないことなのかもしれませんが……やはり嫉妬してしまいます。

■服装で扱いに差が
・「質屋さんに売りに行ったときに、普段着で行ったら安く見積もられたのに対し、フォーマルなファッションで行ったら見積もりが高くなったから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「身だしなみをちゃんとしていないと、扱われ方が雑」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

「ちやほや」という抽象的なひいきではなく、より具体的な、「扱いの差」を挙げる意見も目立ちました。相手にバカにされたくないときには、「それなりの格好」をしていくことも重要だと言えそうです。

■美人はミスが許される
・「かわいい子は遅刻やミスをしてもOK」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「見た目がよければ、多少の仕事のミスは許される」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

働く女性としては、到底受け入れられないような意見もちらほら……!? 仕事におけるミスだけは、外見に関わらず適正に処理してほしいと思うのがホンネです。やたらとミスを許される、女性に対する心証も悪くなってしまいますよね。

■たとえ性格が悪くてもモテる
・「とても性格が悪いのに超美人な女の子も含めて合コンに行ったとき、この子のひとり勝ちだった。初対面では性格までわからず、見た目が勝負なので、顔がいいと本当に得」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

見た目がよければ、第一印象は最高! 「顔がかわいければ、性格もいいはず!」なんて信じている方もいますよね。残念ながら現実は残酷。すぐに「真実」を知ることになるでしょう。

■就活でも内定が出やすい!?
・「就活で早くに内定が出ている人は美男美女だったとき」(27歳/自動車関連/営業職)

・「面接とかあるとき、やっぱり顔がいいほうが選ばれやすいと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

過去にくぐりぬけた就職戦線において、こんな実感を抱いた女性も多いようです。周囲から見て「美人・美男」と感じる人は、自己プロデュース能力に長けているのかもしれませんね。自分を高く売りたい就職活動では、そんな才能は強い味方! ぜひ見習うべきかもしれません。

■まとめ
人生におけるさまざまなイベントにおいて、「やっぱり外見は大事!」と感じる女性が多いことがわかりました。女性の外見は、ある程度メイクで修正可能です! 「私なんて……」と卑屈になる前に、自分を魅力的に見せるための努力を開始しましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ

調査日時:2016年12月6日〜2016年12月26日

調査人数:100人(22〜34歳の働く女性)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

恋愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ