BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

サシ飲みデートで「本命の女性だけにすること」6つ

マイナビウーマン1月14日(土)17時16分
画像:サシ飲みデートで「本命の女性だけにすること」6つ
写真を拡大
サシ飲みデートで「本命の女性だけにすること」6つ
気になる男性と飲みに行くチャンスを得たら、ここぞとばかりにアピールしようと気合いが入りますよね。そう思うのは、女性だけではなく、男性も同じです。今回は男性たちに、本命の女性と2人きりで飲みに行ったとき、その相手にだけすることを教えてもらいました。

■近い距離に座る
・「相手のパーソナルスペースに入ろうと接近する」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「向かい同士ではなく隣同士で座り、距離を縮める」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相手のパーソナルスペースに入ることができたら、物理的な距離だけではなく、心の距離も縮まりそうですよね。グッと距離を詰めたくなる気持ちもわかります。

■紳士的に接する
・「すごく紳士的に振る舞って、決してあせらないこと」(39歳/その他/その他)

・「料理を取りわけたりドアを開けてあげたりする」(39歳/情報・IT/技術職)

レディーファーストや、細やかな気遣いは決して忘れない男性も。そうすることで、女性からの好感度も高まりますよね。

■相手を褒める
・「やはり相手のいいところを褒めちぎる」(31歳/機械・精密機器/その他)

・「容姿や髪型を褒める。芸能人に似ていると言う」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

いいところを褒めてもらうと、女性としても悪い気はしないですよね。あまりにもわざとらしい褒め方でなく、自然に褒めてもらえたら、さらに好感度はアップするでしょう。

■本音を打ち明ける
・「本音の話。どうでもいい子には絶対にしない」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の弱いところを見せて、本気で話すこと」(31歳/情報・IT/その他)

うわべだけの会話ではなく、本当の自分の考え方をさらけ出すのは勇気がいりますよね。相手のことが好きで、自分のことを知ってほしいと思っているからにほかなりません。

■飲み代をおごる
・「豪快におごって、こちらも豪快に飲んで楽しむようにする」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「お会計のときに、さりげなく2人分払ってあげる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

本気の相手だからこそ、しっかり飲み代をおごってあげようとするようですね。こういうところに好感を抱く女性も多いはずです。

■次回の約束をする
・「次に繋がるように予定を聞くこと」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

本命だからこそ、1回きりで終わらせたいと思っているわけがありません。好きな相手なら、その日のうちに次回の約束を取りつけておきたいのでしょう。

■まとめ
2人きりでお酒を飲むとき、男性は本命に対してだけとる言動がいくつかあるようです。逆に、このような言動がなければ、ただの飲み友だちとしてカウントされている可能性も……。今回の記事を参考に、サシ飲みデート中の彼の言動をチェックしてみましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2016年12月27日〜12月29日

調査人数:121人(22〜39歳の男性)
Copyright © Mynavi Corporation

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密 ロケットニュース249月20日(水)6時45分
誰でも、小学生の時に必死で九九を覚えたと思うが、おそらく日常生活のなかで、一番よく使う算数が九九ではないだろうか。[ 記事全文 ]
60歳前半の年金に多い「勘違い」を検証 All About9月18日(月)18時30分
同じ老齢厚生年金でも、全く別物公的年金は老齢、遺族、障害と3つの種類があり、その中で中心となるのはなんといっても老齢年金です。[ 記事全文 ]
「貧乏節約」と「金持ち節約」4つの違いとは? All About9月19日(火)12時20分
「節約」するなら豊かな気持ちを持つ事が大切節約というと、家計が苦しい人だけが取り組むと思われがちですが、実は豊かな人こそ「お金を無駄に使わ…[ 記事全文 ]
妻には絶対、内緒!「不倫男」たちのアリバイ工作LINEを覗き見ッ Menjoy![メンジョイ]9月11日(月)19時45分
浮気している男子たちは、同じようなことを楽しんでいる男同士で同盟(?)を組んでいることも。[ 記事全文 ]
スーパーから老舗ブランド米「ササニシキ」が消える事情 NEWSポストセブン9月19日(火)16時0分
スーパーのお米売り場の“景色”は一昔前とは様変わりしている。とにかくバラエティ豊かなのだ。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア