奥手な男性が「密かにしてる」好きアピール・6つ

1月14日(土)7時11分 マイナビウーマン

奥手な男性が「密かにしてる」好きアピール・6つ

写真を拡大

好きな人がいてもなかなか思いを伝えられない場合は、好きアピールが控えめになりますよね。あまりガツガツすると嫌われてしまうかも……という不安もあります。でもそれは男性も同じようです。今回は奥手な男性がひそかに発信している「好きアピール」について、同性目線の意見を聞いてみました!

(1)目を合わせるようにする
・「一瞬だけでも目が合うようにして、目が合ったらすぐに離すなど少しでも見てたっていうことを意識させる」(22歳/その他/その他)

・「じっと見つめている。会話のとき声のトーンが高くなる。見つめている割には、いざ会話するときには目を合わせられない」(25歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

とても多かったのが「目を合わせる」というアピールでした。目が合った瞬間にそらすなど、相手に意識させるのがポイントのよう。男性からの視線を感じたら、それは好きアピールなのかもしれませんね。

(2)さりげなく側にいる
・「いつの間にかそばに寄ってつかず離れずいる。話をしたいのだと思う」(36歳/警備・メンテナンス/その他)

・「何気なく、その女性の近くになんとなく居る、話しかけてほしそうな態度をする」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

「さりげなくその女性の側にいる」というアピールもありました。好きな女性の視界に入っていれば、話しかけられる確率も上がりそうですね。自分から話しかける勇気がない男性の場合は、このパターンが多いのかも?

(3)連絡をマメにする
・「LINEが頻繁になる。好きじゃなかったら用事もないのにLINEやメールをするのは面倒でしかないから」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「連絡をマメにとること。目をあわせていると露骨なので、何気ない連絡、コミュニケーションを取ろうとすると思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

好きな女性の連絡先を知っていれば「連絡をマメにする」のも好きアピールのひとつのよう。大した用事もないのにLINEやメールをするなど、少しでもコミュニケーションを取りたくなるのは、女性も男性も同じですね。

(4)時間を合わせる
・「日頃からあいさつや昼休憩を一緒にとる」(34歳/情報・IT/技術職)

・「一緒のエレベーターに乗ったり、帰る時間を合わせる」(39歳/その他/技術職)

休憩や帰宅するタイミングなど「時間を合わせる」という好きアピールもありました。時間を合わせることによって、自然と相手に自分のことを意識させることができるし、一緒に過ごす時間が増えれば関係が発展することもありそうですね。

(5)優しさをアピールする
・「優しさをアピールして、荷物を持ってあげたりする」(36歳/商社・卸/営業職)

・「優しく相手に気遣いをして、居酒屋などで彼女のドリンクなど気にしている」(39歳/その他/その他)

相手の荷物を持ったりドリンクを気にしたりと「優しさを見せる」というアピールもあるようです。優しい男性は女性から人気がありますよね。自分だけに優しくされたら、女性としては意識してしまいそうです。

(6)たくさん話しかける
・「ほかの人に話しかける頻度と比べてより話しかける」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「しゃべりが増える。別にウケを取ろうとか、笑かそうとかではなく、単純に会話を増やしたい。で、その中で、ちょいちょい『自分はこんなやつ』っていうエピソードを少しずつ入れる」(36歳/医療・福祉/専門職)

「ほかの人より多く話しかける」というアピールは、奥手な男性にとっては勇気がいる方法ですよね。中でも会話の中に自分のことを織り交ぜてくるのは、その女性に好意を寄せているという証拠のようです。

■まとめ
奥手な男性の密かな好きアピールとして、定番とも言える「目を合わせる」や、少し踏み込んだ「ほかの人より多く話しかける」などの方法がありました。奥手な男性はあくまでもさりげなく、控えめな好きアピールをしているようです。もしこれらのアピールを男性がしてきたら、あなたのことが好きだというサインかもしれませんね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳〜39歳の働く男性)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不安をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ