やれやれ……同世代の女性に「子どもだな」と感じる6つの瞬間

1月14日(土)13時5分 マイナビウーマン

やれやれ……同世代の女性に「子どもだな」と感じる6つの瞬間

写真を拡大

一般的に同世代であれば男性よりも女性の方が大人びて見えると言われますが、社会人になってもまだまだ子どもっぽさが抜けない人も少なくないですよね。かわいらしい子どもらしさならまだしも、そうでない場合は痛いと思われることも。今回は男性から見て、同世代の女性を「子どもっぽい」と感じる瞬間について聞いてみました。

1.甘えてくるとき
・「男性に何でも頼っている女性は幼く見える」(31歳/その他/営業職)

・「甘えてきたり構ってほしい感を出してきたとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

男性に甘えれば何でもやってもらえると思っているところが子どもっぽいという意見も。確かに、自分でできることもかわい子ぶって周囲の人に甘えてしまう人がいないとは言えませんね。

2.空気が読めないとき
・「空気を読まずにすぐに機嫌が悪くなって雰囲気を壊す」(34歳/商社・卸/営業職)

・「ちょっとしたことで駄々をこねたりする」(33歳/その他/事務系専門職)

社会人ともなると自分の感情のままに振る舞うことが許されない場面も多いもの。でも、機嫌が悪くなったら周囲にもわかるように当たり散らしたりという人もいますよね。空気を読むというのは大人としてのたしなみとも言えそうです。

3.年齢に見合わない話で盛り上がるとき
・「くだらない話でものすごく盛り上がっている」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「会話の内容が年齢にそぐわない」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

男性から見ると「くだらない話」で盛り上がっている子どもっぽい女性がいるなと感じることもあるようです。ただ、何に興味があるかは人それぞれ。女性から見ても男性が「子どもだな」と思うことも少なくないですよね。

4.喜怒哀楽が激しいとき
・「感情的になっているのを見たとき」(26歳/運輸・倉庫/その他)

・「ちょっとしたことで感激したりはしゃいだりすること」(32歳/運輸・倉庫/その他)

喜怒哀楽が激しすぎるというのも、まるで子どもだなと思われる原因になりそう。プライベートならまだかわいいなと思える部分もあるでしょうが、どんなときも感情をコントロールできないというのでは子どもっぽく見られても仕方ないかもしれませんね。

5.甘いものに目がないとき

・「お菓子ばっかり食べている。子どもの食べ物っぽいから」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「甘いものに目がなく食べ過ぎること」(29歳/情報・IT/その他)

甘いものに興味がない男性からするとお菓子は子どもの食べ物。いつまでもお菓子ばかり食べていると子どもっぽく見られることもあるようです。でも、大人になっても甘いものは止められませんよね。

6.大声で騒ぐとき
・「大きい声で話をしているときや、笑い声が大きいとき」(27歳/その他/その他)

・「騒がしいのはウザい」(26歳/その他/その他)

公共の場にも関わらず大声で会話をしたりバカ笑いをしたり。まわりの人にどう見られているかを考えられないのかと思うと、まだ子どもだなと思われることも。周囲の状況をよく見ないと恥ずかしい思いをすることもありそうですね。

■まとめ

人前で感情的になるような女性を見ると子どもっぽいと感じる男性は多いようですが、確かに見ていて不快なほど自分の感情のままに動く人はいますよね。それが、プラスな感情であればまわりを明るくするムードメーカーにもなれそうですが、マイナスな感情だと子どもっぽいだけでなく迷惑だと思われるかも。社会人としても大人の女性としても、いろいろな意味でTPOをわきまえることは大事かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳〜35歳の社会人男性)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

子どもをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ