「美胸」VS「美尻」、生まれ変わるならどっちになりたい? 女の本音は……

1月14日(土)19時11分 マイナビウーマン

「美胸」VS「美尻」、生まれ変わるならどっちになりたい? 女の本音は……

写真を拡大

自分の体にコンプレックスを抱いている人は多いもの。もう少し胸が大きければ、もっとお尻がキレイならば……なんて思うことはありませんか? そこで今回は働く女性を対象に、「美胸」と「美尻」のどちらに生まれ変わってみたいか、本音を聞いてみました。

Q.「美胸」VS「美尻」、生まれ変わるならどちらになりたいですか?
「美胸」……71.4%

「美尻」……28.6%

なんと7割以上の人が、美胸に生まれ変わりたいという結果に。みなさん、どんな理由から、そのような答えを選んだのでしょう。くわしく意見を聞いてみました。

<「美胸」と回答した人の意見>
■コンプレックスなので
・「胸の大きさにコンプレックスがあるから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「小さいことがコンプレックスなので。人並みにはほしい」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

胸の大きさにコンプレックスを抱いている人なら、どうしても美胸に生まれ変わりたいと思うものですよね。大きな胸とまではいかなくとも、せめて人並みサイズになりたいという願望がありました。

■男性は胸が好きだから
・「なんだかんだ言って男性は胸が好きだと思うので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「結局男性が見るところは胸だから」(33歳/生保・損保/専門職)

男性目線で考えるなら、やはり美胸は外せないポイントかもしれません。だからこそ、どうしても胸にこだわってしまう女性は多いようです。

■自力で作れないから
・「美胸は自分で作れるものじゃないので」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「胸は自分の努力ではどうしようもないので」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

胸の大きさや美しさは、自分でどうにかなるものでもありませんよね。遺伝も関係するので、ないものねだりになってしまこともありそうです。

<「美尻」と回答した人の意見>
■垂れているから
・「お尻が垂れててちょっとイヤだから」(33歳/不動産/専門職)

・「垂れているので一刻も早く治したい」(33歳/その他/事務系専門職)

お尻が垂れていると、それだけで後ろ姿が台無しになってしまうこともあるもの。悩みを抱える女性にとって、ヒップアップは難しい課題です。

■胸は盛れるから
・「胸の形はブラで作れるが、お尻の形は作れないので」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「胸は小さくてもあまり目立たないし、盛ることもできるから。お尻はパンツとかでも目立つから」(28歳/医療・福祉/専門職)

胸の大きさにコンプレックスがあったとしても、それはパッドや盛りブラでごまかすことができるもの。それに比べお尻の場合は、なかなかごまかすことができないという女性たちの意見もありました。

■ラインが気になる
・「お尻のラインはよく出るから、キレイでいたい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

・「ラインが出やすいから、いいラインになりたい」(30歳/金融・証券/専門職)

胸のラインは洋服によって隠すこともできますが、ヒップラインは隠せないことも多いですよね。キレイなラインを出したいのなら、やはりお尻を引き締める運動などの努力をしたいところです。

<まとめ>
生まれ変わったら、今度は美胸になりたいという人が多い結果となったアンケート。とはいえ、最近では優秀なブラも登場しているため、ある程度ごまかすことも可能ですよね。そう考えると、お尻はごまかせないことが多い!? みなさんはどちらの体に生まれ変わりたいですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2016年12月14日〜2016年12月27日

調査人数:105人(22〜34歳の女性)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

まれをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ