BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

村上春樹新作『騎士団長殺し』はミステリー?意見続々

R251月14日(土)11時0分
画像:「速攻で予約した」という声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『騎士団長殺し』公式サイトより)
写真を拡大
「速攻で予約した」という声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『騎士団長殺し』公式サイトより)
新潮社は、村上春樹の最新作『騎士団長殺し』を2月24日に発売することを発表した。ネットでは期待感とともに、その内容を憶測する声が投稿されている。

新潮社によれば、新作は「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」の2冊にわたる長編となるという。村上春樹の新作は、長編小説では2013年の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』以来の4年ぶり、分冊の長編小説となると2010年の『1Q84』以来の実に7年ぶりの発表だ。

期待感があふれるTwitterでは、

「『騎士団長殺し』。オペラ『ドン・ジョバンニ』がモチーフかもしれない」
「村上春樹の新作が『騎士団長殺し』と聞き、どうしてもモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』の騎士長を思い出してしまう」
「騎士団長殺しって、ドン・ジョヴァンニのことかな。最後は石像と化した騎士団長に地獄に引きずり込まれる。回心を拒絶する男の物語」

とモーツァルトのオペラを連想する声が上がっている。

『ドン・ジョヴァンニ』は、1787年にモーツァルトが、台本作家のダ・ポンテと組んで作曲したオペラ。冒頭では、スペインの騎士であるドン・ジョヴァンニが、騎士長を殺してしまうという展開がある。

さらに、

「『騎士団長殺し』というタイトルが『アクロイド殺し』を連想させるから、ついに村上春樹氏も本格ミステリに参入かと疑う。振りかえれば、『羊をめぐる冒険』の主人公は、「エラリー・クイーンの小説の犯人は全部覚えている」と言い放ち、コナン・ドイルの『白面の兵士』を読むような男だった」
「騎士団長殺しネタバレ。犯人が語り手、という叙述トリック。アクロイド殺しですよ、念のため…」
「村上春樹の新作タイトル『騎士団長殺し』、名探偵ポアロの『アクロイド殺し』をもじったタイトルかと思った」

とアガサ・クリスティーの推理小説『アクロイド殺し』を連想するという声もあった。

音楽や過去の名著を作品のモチーフとすることも多い村上春樹。待望の新作は、果たしてどのような内容になるのだろうか。
(山中一生)

(R25編集部)

※当記事は2017年01月13日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

はてなブックマークに保存

R25

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「村上春樹」「ミステリー」「新潮社」「小説」の関連トピックス

「村上春樹新作『騎士団長殺し』はミステリー?意見続々」の関連ニュース

注目ニュース
最初から片道切符だった。宇宙飛行を初めて行った犬、ライカにまつわる10の悲劇 カラパイア1月19日(木)20時30分
ライカ(1954年-1957年11月3日)は、ロシア(ソビエト連邦)が1957年11月3日に打ち上げた宇宙船スプートニク2号に乗せられたメ…[ 記事全文 ]
「もしかして…童貞?」女慣れしていない男をデートで見破る方法5つ Menjoy![メンジョイ]1月20日(金)21時0分
彼と初めてのデート。いつもの調子で行動しているはずなのに何かがヘン……。その違和感の正体はあなたのせいではなく、彼が“女慣れしていない”こ…[ 記事全文 ]
「これすごいよ」書店で女性店員に「春画」を見せつける客、どう対応すれば? 弁護士ドットコム1月8日(日)8時38分
春画を見せつけてくる男性客を撃退したいーー。そんな相談が、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられました。[ 記事全文 ]
【衝撃】公園に突如出現した「スーパー巨大ワニ」に全米が震撼! トランプ氏も一発で腰を抜かすレベル!! ロケットニュース241月18日(水)20時26分
米国屈指のリゾート地、フロリダ州。マイアミビーチやデイトナビーチのほか、世界最大級のアミューズメントリゾート「ウォルト・ディズニー・ワール…[ 記事全文 ]
これは事件だ。ただちに「ど根性ガエルの娘」を読むべし エキサイトレビュー1月21日(土)10時0分
大変なことが起こった。「ど根性ガエルの娘」というマンガが、Web雑誌「ヤングアニマルDensi」(白泉社)で連載中だ。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 最初から片道切符だった。宇宙飛行を初めて行った犬、ライカにまつわる10の悲劇カラパイア1月19日(木)20時30分
2 【衝撃】公園に突如出現した「スーパー巨大ワニ」に全米が震撼! トランプ氏も一発で腰を抜かすレベル!!ロケットニュース241月18日(水)20時26分
3 山田優、出産していた 小栗旬が2児のパパにモデルプレス1月21日(土)9時32分
4 美人は得でブスは損? 「顔面格差社会」に議論勃発R251月7日(土)11時0分
5 「もしかして…童貞?」女慣れしていない男をデートで見破る方法5つMenjoy![メンジョイ]1月20日(金)21時0分
6 太陽が「真っ二つ」に割れ始めていることが観測写真で判明! 米政府も恐れる文明崩壊の危機か!?tocana1月15日(日)7時30分
7 【恐怖】都内最強の「心霊スポット」と言われる橋に行ってみた / 驚きの光景に遭遇ロケットニュース241月17日(火)10時0分
8 これは事件だ。ただちに「ど根性ガエルの娘」を読むべしエキサイトレビュー1月21日(土)10時0分
9 ハムスターがカオナシに食べられにいく動画が話題に 口から出てるモフモフおしりが最高にかわいいねとらぼ1月20日(金)21時30分
10 助けに来たトラック、窮地の車を突き落とすナリナリドットコム1月18日(水)15時10分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア